今回はスタジオネロさんを利用してきましたので紹介します。

このスタジオは大きな柱が並ぶ空間での写真でおなじみなスタジオですね。

柱のある場所のほかにどのようなシチュエーションで撮影できるのか紹介していきます。

でもこのスタジオはハウススタジオとなっていますしトイレも風呂もありますが人が住むには不思議空間すぎるのでこの建物が建築された経緯も気になりますwww

利用日:2020年2月

公式HP:https://studionero.jp/

スポンサーリンク

スタジオ紹介

神奈川の住宅地内にあるハウススタジオ。

最寄り駅からは少し距離があるのでバスで近くまで行くのが得策。

平面図


まずは1階から。
1階は柱エリアと待機スペース、和室(更衣室)という構成です。

スタジオネロといえばコンクリートの柱5本が立ち並ぶスタジオとして特徴的ですね。

この柱のエリアは幅が10メートルほど。

それほど大きくはないので20人くらいの併せでなら使用可能かなという広さです。

ここにはロフトスペースがあり斜め上からの撮影が可能です

柱は天井までの6,7メートルくらいかなぁ。

1階には和室もあるようですがシェア使用時はここが更衣室になります。

 


2階エリアは柱エリアから、もしくは階段の途中から入れるロフトスペース。


キッチンや浴槽、狭い部屋、トイレが設置されていて撮影も可能です。

なおキッチンや浴槽 の水は出ないようです。

浴室もキッチンもオープンスペースで壁がありません。どういう構造?

そして柱エリアと同じようにスタジオネロの期待の撮影場所の階段。
1階の外から入れる大階段は1階から2階、2階から3階で同時に二組が撮影可能です。

階段は基本コンクリートむき出しの壁のため壁バウンスさせると光が若干青っぽくなります。

日差しも入り、暗い場所との明暗を付けた撮影も可能で天井もかなり高いので奥行きを生かした撮影が可能です。

 

3階は中庭からの光が入るテラススタジオ。地面が砂利風な中庭。

狭い螺旋階段を上がることができて屋上での撮影も可能です。

螺旋階段が狭く、屋上は風もあるので動きにくいコス衣装や風の影響を受けやすいコス衣装の人は危険な気がしました。

撮影シチュエーション

  • 柱を生かした撮影
  • 自然光と暗さを生かした階段での撮影。
  • ひたすら明るい3階での撮影

といった感じでしょうか?

基本的にスタジオ内の壁はすべてコンクリートのうちっぱなしになっているので壁を背にした撮影となるとどこで撮影しても同じです

柱エリアは2階まで吹き抜けなのでかなり天井が高い。
そのため引きでとりことでかなり高さを強調した撮影もいいですねぇ。

柱の上には外光が入るスペースもありますが、柱の後ろは50cmほどのスペースがあるのでストロボやライトスタンドを立てて柱の輪郭をより強調することが可能。

トイレの前のスペースは3階中庭から外光が入るようになっています。
そのためここで見上げることで暗闇に光が差し込むよな撮影も可能でした。

 

階段は1階から2階。2階から3階で向きが異なるので二組撮影できます。

どちらも外光が差し込んでいますが1階から2階のほうが南西向きなため外光の影響を受けやすくなっています。

スポンサーリンク

ちなみに階段のライトはトイレ横のスイッチで操作することが可能です。

 

3階は明るい以外何もないので屋上に上がるか自然光での撮影になるかと思います。

屋上には手すりがないので強風時は注意して利用した方がよさそうです。

スタジオのお勧め度

おすすめ度:★ ★ ★

柱5本がならぶ雰囲気はなかなか壮観でスタジオネロならではの場所です。

また壁がほぼすべてコンクリートなので冷たい感じの撮影に向いていますね。

長い階段の手前の自然光と奥の闇を意識した撮影もいい雰囲気。

この雰囲気を利用した撮影をしたい場合はスタジオネロは唯一無二のスタジオと言えるのではないでしょうか?

 

欠点はコンクリートの壁だけということと駅からは微妙な距離なことかな。

ちなみに自分に自宅からは2時間近くかかるのであまり気軽に行けないスタジオなんですよね。

そんな理由から3点。

感想

カメラマン視点での感想

壁がすべてコンクリートなのでおもいきり色被りします。

まあそれを生かした現像することで雰囲気がでるのかなと思います

実際Twitterに流れてくるスタジオネロの写真は青っぽいものが多いですね。

 

20人程度までの大型併せの撮影なら高さも広さも丁度いいので撮影はしやすいのでは?

柱エリアは外光が少し入りますがストロボ無しだと少し暗いと思います。

一般の感想

料金

スタジオネロでは一般とコスプレ撮影用で料金が分かれています。
また、シェア日は限られているのでホームページでの確認が必須になります。
https://studionero.jp/free/ryokincos

土日シェアは昼の部のみで
10時から16時  1人5100円

平日も貸し切りがなければシェア可能なようですが少人数だと料金が高すぎます。
2人だと1人1万円かかります。土日祝と同じ6時間です・・・・
シェア利用時は土日のシェア利用日に行くようにしましょう。

夜間貸し切りも可能です3階の外には出られません。

スタジオ情報

アクセス

田園都市線藤が丘駅〔普通停車駅〕・青葉台駅〔急行停車駅〕各徒歩20分、
JR横浜線十日市場駅徒歩20分

青葉台駅からバスで近くまでいけます。
中山駅北口行でさつきが丘下車。バス停からスタジオまでは徒歩6分ほど。

カメラマンの私は青葉台駅からバスで移動しましたがレイヤーさんは行きにタクシーを使ったようです。帰りは一緒にバス亭まで歩きましたがたいした距離ではなかったのでバスにすればよかったと言ってました。

住所

神奈川県 横浜市青葉区梅が丘34-85

 

営業時間 

シェアは 10時から16時

夜間貸し切り有

お勧めのアフター場所

青葉台駅周辺にはたくさんお店があるので撮影後はバスなどで青葉台駅に行くのがベスト。
スタジオ周辺は住宅地なのでアフターができるようなお店はありませんでした。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事