コスプレイヤーにとって自撮りの盛れる場所を探すのは重要です。

ただカメラで自分を写しながらくるくる回っていてもなかなか良い場所はみつからないものです。

この記事ではカメラマンによる自撮りの盛れる場所を屋内と屋外での簡単な探し方について説明します。

スポンサーリンク

室内の盛れる場所の探した方

窓のある場合

建物の中でもっとも盛れる場所は窓際です。

とくにレースのカーテンが付いている窓際が最高に盛れる場所になります。

外からの光を顔に当たるようにして若干上から撮影するようにすることでレースのカーテンを通した柔らかい光が顔を照らしてくれます。

外がそんなに晴れていなくても部屋に外からの光が入ってきているのがわかるほどであれば窓近くで撮影するようにしましょう。

レースのカーテンがない窓の場合は窓から少し離れた場所で窓の方を向いて自撮りをすると盛れるかと思います。

横から撮ると部屋側が暗いのでレフ板のような白い紙、本の中のページを顔にむけて光を反射させるだけでも大分変わります。

窓がない場合

場所によっては外からの光が入らないこともありますよね。また自撮りをするときに昼間とは限らないですよね。

そんな場合は白いLEDの場所を探しましょう。

壁が赤や濃いピンクなど派手目な色の場所は避けた方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

自分で1つLEDライトを持っておくのもいいですね。

下記のようにビデオ撮影用の小型のLEDであれば持ち運びも便利ですし、電池内臓のため金属製の壁や物に張り付けて使用することもできます。

LEDは明るくなるほど値段もあがるので上記くらいのものを購入しておけば十分かと思います。

このLEDをスーパーでもらえるような乳白色の袋に入れることでかなり柔らかい光を作ることができます。

屋外の盛れる場所の探した方

屋外では太陽光の有無によって変わってきます。

曇りや雨の場合

曇っていて太陽を直接みることができないような天気であればできるだけ太陽のある方向を向いて撮影することで比較的盛れます。

太陽の方をみる場合の目安としては自分が眩しくないと感じるレベルであればいい感じに自撮りができると思います。

曇りの日は太陽光が拡散され光が弱く影が薄くなるため盛れるようになります。

晴れの場合

逆に雲が少なく太陽からの光を直接受けるような場合は注意したいですね。

まずは太陽光を直接顔に受けないようにするこが重要です。
太陽光を直接受けると眩しいし顔に影ができたり良いことがありません。

とりあえず太陽を後ろか斜め後ろにして自撮りすることで影ができることを防ぐことができます。

また、日陰に入ることで太陽光の影響を減らすことになります。
日陰と言っても室内や曇りの日と比較しても明るいので日陰に入ることをお勧めします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事