ストロボを載せるライトスタンドの選び方を書いた記事やブログはたくさんあるのにそのライトスタンドを持ち運びするバッグの記事ってあまりない。

しかも収容力が気になるのに実際どれくらい入るか全然わからないのが悩みですよね。

そこでそんな写真だけではわからないサイズ感をいろいろ確認しながら紹介しようと思います。

スポンサーリンク

ライトスタンドの持ち運びに便利なキャリーバッグ

100cmのライトスタンドバッグ

今回購入したのはUTEBITというメーカーのライトスタンドバッグ。

こちらの商品ですね。

お値段2000円程度の格安バッグです。

楽天だとお値段が妙に高いのでAmazonで購入する方が安く購入できます。なぜか倍以上!

UTEBITなんて知らないと思いますが格安のライトスタンドや撮影機材を販売している中国の会社です。

UTEBIT製のライトスタンドも持っているので名前の安心感から選びました。

ちゃんとamazon内にショップぺージを開設しているメーカーです。

https://amzn.to/3luzAYz

まあ販売している商品はよく見かけそうなものも多数ありますけどね。

今回欲しかったのはライトスタンドが3本入る、長さ100cmで肩掛けベルトがあるものという条件です。

Amazonプライムに対応しているのでよくある海外発送されて数週間かかるものではありません。

商品概要

商品ページには以下の記載がありますが特段ウソがかいてあるようには見えませんでした。

内部にはクッションが入っていて内張りも貼ってありますし、持ってみた感じも結構しっかりしていて外装の生地も想像以上にしっかりとしていて縫製も問題ありませんでした。

ファスナーも他の中華製品のファスナーとは使ったら違いが分かるほどです。

商品概要
【品質優れたジッパーとファスナー採用】
品質優れたブランドのジッパーとファスナーを採用する三脚ケースは丈夫で耐久性があり、ジッパーやファスナーの動きも大変スムーズです。
【対応機材】
縮長990mmまでの三脚。サイズ:長さ100cm×直径18cm、重量:710g
【厚手のクッション材】
一脚・三脚・ライトスタンド、釣り竿などをきちんと守るために、ケースには約1センチのクッションが入っているので安心してご利用頂けます。
【3Way携帯&長さ調節可】
88cmから145cmまで調節可能のストラップ付きで、手持ち・肩掛け・斜め掛けの3Wayバッグになっているため、どこへ行っても三脚などの撮影機材を便利に携帯できます。
【上質な生地】
強度・耐摩耗性が高い1680Dオックスフォード生地を採用しており、丈夫・撥水性に優れていて、雨でも安心して使用できます。

【品質優れたジッパーとファスナー採用】
品質優れたブランドのジッパーとファスナーを採用する三脚ケースは丈夫で耐久性があり、ジッパーやファスナーの動きも大変スムーズです。

【対応機材】
縮長990mmまでの三脚。サイズ:長さ100cm×直径18cm、重量:710g

【厚手のクッション材】
一脚・三脚・ライトスタンド、釣り竿などをきちんと守るために、ケースには約1センチのクッションが入っているので安心してご利用頂けます。

スポンサーリンク

【3Way携帯&長さ調節可】
88cmから145cmまで調節可能のストラップ付きで、手持ち・肩掛け・斜め掛けの3Wayバッグになっているため、どこへ行っても三脚などの撮影機材を便利に携帯できます。

【上質な生地】
強度・耐摩耗性が高い1680Dオックスフォード生地を採用しており、丈夫・撥水性に優れていて、雨でも安心して使用できます。

バッグの収容力がなかなかすごい

Amazonや通販サイトを見ても実際どれくらい入るかわからないですよね。

私の場合はライトスタンドを1~3本、アンブレラを2~3本いれて撮影時に持ち歩くのでそれだけの容量が必要です。

わたしの使用するライトスタンドを折りたたんだ状態での長さは大きいもので97cmあります。

このスタンドが問題なく収納できるかがカギになります。

それが問題なく収容できました。

また別途使用している一回り小さい最大2メートルのスタンドならSブラケットを付けたままでも収納できます。

自分はたたんだ状態で97cmのライトスタンドを入れる予定だったので100cmを購入していますが同じメーカーから80cmや120cmのものも販売されています。

120cnなら自分の97cmのライトスタンドにSブラケットを取り付けたまま収納できるでしょう。

 

最大の3本持っていく場合のライトスタンドはこちらの商品。初心者が購入する少し重めの安いライトスタンドです。

ファスナーがYKK

ファスナーはYKK製です。中国製の商品は最近数も多く品質も多くなってきています。

よくわからないメーカーのファスナーは良く壊れますw

ソフトボックスのファスナーなんて何度壊れたことか・・・

このファスナーがYKK製というのはわざわざウリとして紹介しているくらいなんですよね。

内側ポケットもあり、和室でライトスタンドを使用するときに必要な靴下を入れておくのに便利です。

バック自体の撥水性が良い

バッグ本体の撥水性も性能としていいですね。

以前使用していたバッグは撥水性がほとんどなく思い切り浸み込んでました。

まあライトスタンドバッグが濡れるような撮影ってどんなっていう人もいますが以外と多かったりします。

いわゆる雨撮影です。

雨降る中ストロボをビニール袋に突っ込み撮影するのは楽しいですよ。

これができればカメラマンとしても重宝してもらえますし。

またライトスタンドは大きいので雨が降っていると傘さしていても濡れるんですよね。

そんな場合にも撥水性が高いのはありがたいです。

バッグの欠点

内部仕切りがない

バッグの収容力は問題ないのですがバッグの中に仕切りがないというのが気になるかな。

以前使用していたスタンドバッグは下の写真のように内部が4つに分かれているタイプでした。

この手の格安バッグで内部が分かれているものもが少ないんですよね

以下の商品がそれに近いけどメーカー名も何もないのが気になって購入できませんw

肩掛けベルトもないですし。

肩掛け時に使用する肩パッドが貧相で交換したくなる

バッグの両端に肩掛け用のベルトを付けることができます。

ベルトはあまり太くなく、肩パッドも薄く貧相です。

肩パッドだけというのもいろいろ販売されているのでライトスタンド3本とか入れて重くなる場合は肩パッド購入しようと思ってます。

まとめ

耐久性についてはまだそれほど使用していないので多くを語ることはできません。

この辺はまた記事に追記していきたいところですね。

直径は18cmと記載されていますがライトスタンド3本、S2ブラケット3つ、アンブレラ3本を持ち運ぶには十分なようです。

この記事があなたのライトスタンドバッグの選択の参考になればと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事