ライブを見に行くならアーティストを近くで感じたい!

そうなってくると欲しくなるのが双眼鏡ですよね。

わたしが幕張メッセコンサートホールでライブをみるために検討した結果購入したのがビクセンのコールマン

ビクセンのは望遠鏡などの光学機器で有名なメーカーでアウトドアメーカーのコールマンとコラボした双眼鏡ビクセンコールマン10×25WP

私がなぜビクセンコールマン10×25WPを選択したかお話します。

10×25WPというのは
倍率10倍、レンズ径25mm、防水機能付き となります。

スポンサーリンク

ビクセンコールマン10×25WPを選んだ理由

ビクセンコールマンには8倍と10倍の2種類がありますが私は10倍を購入しました。

10倍というのは100メートル先のものを10メートル先にあるのと同じ状況ですね。

下記の図のように広いと言われる東京ドームでも10倍あれば大抵の席で困らない倍率です。

特に球場など数万人入る会場ではスタンド席になった時点で10倍が必要になります。

https://www.biccamera.com/bc/c/camera/binoculars/index.jsp

双眼鏡を使ってステージの最前列のような臨場感を味わいたいということで高倍率が良いかと思われがちですが意外とステージを見渡しやすいほうが使いやすかったりします。

1人に集中しすぎる倍率だとステージ上の他の動きが見えにくく全体の演出を見逃しやすかったりするんですよね。

そのため倍率は控えめにしておくことが重要。

アップは後日発売されるブルーレイで楽しみましょう!

また倍率が高くなるにつれて視界は狭くなっていくのですがあまり望遠で遠くのものを見続けていると酔ってしまい気分が悪くなってしまうことも……。

そのため屋内のライブ会場やコンサートホールなら4~8倍、東京ドームなど広い会場なら8~10倍がおすすめです。

私はとにかくくじ運がありません。

そのためライブを前の方で見ることはほとんどないので予算内で購入可能な範囲で最大の10倍を購入しました。

そもそもアリーナ席で見られるなら双眼鏡なんていらないですからね!

暗くても表情までしっかり見えるものがおすすめ

コンサートや夜間ライブは意外と暗い場所で行われることがおおいんですよね。双眼鏡のレンズには明るさの数値があり価格が安くて倍率が高いと双眼鏡を覗いたときに見える画像が暗くなってしまうものが多いんですよね。

かといってレンズの性能やサイズが良くなると双眼鏡そのものが大きくなってしまいます。
そこでレンズの光学性能はできるだけ高いけど、大きさや持ち運びやすさ、重さを考えると25mmくらいに落ち着くのかなと。

軽量コンパクトなものがおすすめ

ビクセンコールマンは10倍でありながら270gほどとペットボトルの半分程度の重さで片手でもっていても疲れません。

スポンサーリンク

倍率が高いからと言って重ければ片手で持っていられません。

サイリウム振りながら双眼鏡を使うなら片手で持てる重さでなければいけませんからね

バッグやポケットに収まるコンパクトサイズバッグやポケットに収納できて使いたいときにさっと取り出せるコンパクトなものがおすすめ。軽量タイプなら長時間使っても疲れにくく、快適に鑑賞できます。

左右で視度調整ができること

自分が双眼鏡選びでもっとも気にしたのがこの左右の視度調整。

ビクセンコールマンでは右目のレンズのところに視度調整のダイヤルがあるのでこれを回すことで左右の見え方が変わってきます。

安い機種では左右のレンズをわけて視度の調整ができないということが多いんです。

自分は左右の目で視力に差があり見え方が結構違うのでこの左右わけての視度調整は最重要。

左右の視力が同じであればもしあなたの左右の視力に差があるならぜひこ左右の視度調整をできる機種を選んでください。

ビクセンコールマンのスペックまとめ

ビクセンコールマンの公式の売りについてまとめて記載しておきます!

フーリーマルチコートで明るい視界

レンズ全面に反射防止多層膜コートを施したフーリーマルチコーティング仕様。光量ロスを効果的に低減し、明るい視界と優れたコントラストが得られます。

フェイズコートでハレーションを低減

プリズムにはダハ型特有のハレーションを劇的に低減するフェイズコートを施し、コンパクトなダハプリズム機ながらポロプリズム機並の高コントラストを実現、極めてクリアな視界が得られます。

のぞきやすい接眼レンズ

長めのアイレリーフ14mm。さらにツイストアップ見口採用なので、裸眼はもちろんメガネをかけた方でもものぞき易い設計です。野鳥の巣穴観察など長時間の観察でも目が疲れにくいです。

10倍。見たいものを大きく鮮明に!

大きく見たい。でも扱いづらいのは嫌。そんなわがままをかなえてくれる倍率10倍。葉の模様や野鳥の羽、野生動物の迫力ある姿をとらえるなど、拡大して詳しく見たい場合に威力を発揮します。のぞいたレンズの先には、臨場感ある世界が広がります。

操作性に優れる大型ピントリング

ピントリングは回しやすく指が滑りにくい金属製大型転輪を採用。素手はもちろん手袋着用でもスムーズに操作できます。

本格防水設計

窒素ガス充填による防水設計。水辺での行動や星空観察など結露しやすい環境でも安心して使用できます。

筐体を保護するラバー外装

傷つきにくいラバー外装を採用、コンパクトながらハードなアウトドア環境下でも活躍します。

カメラ三脚取付対応

双眼鏡をカメラ三脚に乗せて観察できるビノホルダー(ビノホルダーH、MH:別売)に対応。三脚に取り付けてのぞくと手ブレがなくなるため、手持ちでは見えにくい細部まで観察できます。通常の観察はもちろん星空観察など安定を求められる対象での観察にも対応します。

仕様

対物レンズ有効径 25mm
倍率 10倍
プリズム材質 BK7
コーティング フーリーマルチコート、フェイズコート
実視界 5.3度
見掛視界 49.7度
1000m先視界 93m
ひとみ径 2.5mm
明るさ 6.3
アイレリーフ 14mm
至近距離 ~約2m
三脚取付 可(H、MH)
眼福範囲 55~75mm
防水性 窒素ガス充填による防水
大きさ 11.3×11.9×4.3cm(除・突起部)
重さ 290g

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事