出張ですか?長旅にはハプニングがつきものです。ストレスも溜まりやすい環境で“いかに快適な飛行機の旅をするか”がビジネスマンの必須条件ではないでしょうか?用途に合った座席を選ぶことで旅の快適度が違ってくるものです。ここではビジネスマンを応援すべくエコノミー席のお勧めとその理由をご紹介しています。

スポンサーリンク

エコノミー席のお勧めとその理由

エコノミークラスの座席の配置の仕方は使用する航空会社や飛行機の機種により異なりますが、共通して言えるのは、パーソナルスペースが最小限に限られてくることです。

ただ、エコノミークラス全体のスペースを前側と後ろ側に分けてみると、微妙ながらそれぞれに特徴があることが分かります。

その特徴を分析して自分のニーズに当てはめて考えれば、ビジネスマンのあなたが望むエコノミーの座席が見つかるはずです。

私がこれまでに記載した「飛行機の窓側と通路側の席の利点と弱点は?長旅におすすめの席やお役立ち情報」や「飛行機の座席は前方それとも後方がいい?座席は何を基準に選んだらいい?」にも座席選びのお役立ち情報が満載です。ぜひ参考にしてみてください。

飛行機の座席は前方それとも後方がいい?座席は何を基準に選んだらいい?

飛行機の窓側と通路側の席の利点と弱点は?長旅におすすめの席やお役立ち情報

できるだけ早く降機したい

降機する順番はファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミープレミアムクラス(航空会社によって呼び方が違う)に続いてエコノミークラスだということは皆さんご存知だと思います。

次のフライトへの乗り継ぎ時間が短いなど、時間に追われるビジネスマンにはエコノミークラス最前列の通路側の席がお勧めです。

飛行機の左側にドアがあるので、ドア側の通路側の席の確保が理想的です。

そうすることで、飛行機が着陸してシートベルト着用のサインが消えたら、エコノミークラスでは一番に降機することが可能です。

静かなスペースに席が欲しい

飛行機の翼の付け根の前方とその付近はやや静かなスペースになります。

その理由は、飛行機のエンジンは翼の下にあるため、翼の付け根の真ん中から後部に向けてエンジンの騒音が響いていきます。

次の仕事までひと眠りしたいビジネスマンにはこのスペースの窓側の席をお勧めします。

他の乗客に邪魔されることなく、窓側の壁にもたれて眠れます。

少しでも足元のスペースを広くしたい

バルクヘッド・シートはキャビンを仕切る壁に面してある席で、他のエコノミークラスより足ものとスペースが広くとってあります。

また前列に座席がないため、席の背もたれを倒されることもありません。

とても条件の良い席に思えますが。。。

ここはベビーバシネットという乳児用のベッドが設置できるような作りになっています。

そのため赤ちゃん連れの家族がよく利用します。

また離陸と着陸時に足元に荷物を置くことが禁じられています。

集中して仕事がしたい、あるいは目的地までひと眠りしたいというビジネスマンのあなたには確率的に見てあまりお勧めできない座席です。

非常口にある席は、他のエコノミークラスより足もとのスペースがたっぷりあります。

スポンサーリンク

足を伸ばしてゆったり座るにはもってこいの席ですが。。。

そのスペースはみんなのための共用スペースだと勘違いして、他の乗客が集うこともあります。

また離陸してから着陸するまで足元に荷物を置くことが禁じられています。

数年前から各航空会社はバルクヘッド・シートや非常口の席に追加料金を求めるようになりました。

人気のない席があなたにとってお宝です

視点を変えて、できれば誰もが敬遠したい座席に注目してみましょう。

例えばトイレに近い席、最後列とその付近の席はどうでしょうか?

その中でも特に真ん中の席を好んで選ぶ人は多くないはずです。

ですからあえて後部の通路側の席を選べば、隣の席が空席になる確率も高くなります。

また後部の席の通路側を選ぶことで、前方にある座席の空席状態をチェックすることができます。

離陸前「Boarding completed ‐お客様がすべて搭乗しました」という機長からの合図で、自分の気に入った空席に移動することも可能です。

エコノミークラスの搭乗は通常後部の座席の乗客から始まるので、他の人より早く席に就けるし、頭上のロッカーのスペースもいち早く確保することができるのも魅力です。

ただし、ご注意いただきたいのは最後列の座席です。

すぐ後ろが壁になっているので、イスの背もたれを倒せる角度が少なくなります。

スポンサーリンク

マイ・チョイス

私なら、飛行機後方の窓がある列の通路側の席を選びます。

わりと早めに搭乗できるし、頭上の荷物を入れるロッカーの確保もばっちり。

ミールサービスは通常前方から後方に行われるので、前方の乗客が選ばなかった残りの食事が後方に座っている乗客のチョイスとなってしまいますよね。

そのため私は事前にスペシャル・ミールをリクエストしておきます。

そうしておくことで、ミールサービスの順番を待たずに、真っ先に食事を受け取ることができるからです。

機内で書類を読んだりパソコンとにらめっこしながら仕事をしていると、知らず知らずのうちに増えてゆくコーヒーの量。

だから私はあえてトイレ付近の席を選びます。

無音の空間を求めて、持参のノイズキャンセリング・ヘッドフォーンを使用すれば、飛行機のエンジンの騒音やトイレ付近の人の出入りや雑音も気にならず、自分のしたいことに集中できます。

通常のヘッドフォーンよりはお高くつきますが、それなりの価値のある優れものです。

 

ビジネスマン向けのエコノミー席でおすすめの座席はある?その理由は?のまとめ

他人の目には艶やかに映るビジネスマンの出張。

でもそんなイメージと裏腹に、ストレスが溜まりがちな環境で予想外のハプニングに耐えながら続ける空の旅は忍耐力がいるものです。

今回はそんなビジネスマンのニーズにこたえるべく、「ビジネスマン向けのエコノミー席でおすすめの座席はある?その理由は?」を投稿させていただきました。

出張先まで一休みしたい、あるいは機内でもう一仕事をこなしたいビジネスマンのあなたに、今回記載の情報をお役に立てていただければ幸いです。

飛行機の座席は前方それとも後方がいい?座席は何を基準に選んだらいい?
飛行機の窓側と通路側の席の利点と弱点は?長旅におすすめの席やお役立ち情報

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事