飛行時間の長い旅では極力快適に過ごせる席を選びたいものです。旅慣れている人なら過去の経験から自分にあった席のチョイスができますが、そうでない人はどんな席を選べばいいか迷うところですよね。ここではエコノミークラスで旅をする際の窓側の席と通路側の席の利点と弱点を記しながら長距離飛行をするあなたにお役立ち情報をお届けします。

飛行機の座席は前方それとも後方がいい?座席は何を基準に選んだらいい?

スポンサーリンク

窓側の席と通路側の席の利点と弱点

窓側の席は英語でwindow seat (ウィンドウ・シート)、通路側の席はaisle seat(アイル・シート)です。

それでは窓側の席の利点と弱点は何でしょう?

窓側の席

利点

  • 誰にも邪魔をされることなく旅ができる
  • 隣の席の人とのひじ掛け争奪戦に負けても必ず右か左のひじ掛けを占拠できる
  • 窓側の壁にもたれて寝ることができる
  • 離陸と着陸の際に外の景色が見える

弱点

  • 席を立ちたいとき隣に座っている人に同意を求めなければならない
  • 冬のフライトでは機内の温度は通路側に比べて窓側のほうが数度低いので、寒がりの人にはこたえる。

通路側の席

利点

  •  自由に席を立つことができる
  •  通路に足を伸ばすことができる
  •  隣の席の人とのひじ掛け争奪戦に負けても必ず右か左のひじ掛けを占拠できる
  •  着陸したら速やかに飛行機を降りることができる

弱点

  • 荷物を入れるロッカーがあなたの頭上にあり、誰かがそれを開けた際、着席中のあなたの頭にロッカーの中身が落ちてくる可能性がある
  • 隣の席の人が席を立ちたい場合、自分も席を立ち通してあげなければならない

 

窓側の席と通路側の席はそれぞれ利点と弱点の両方を備えていることがわかりますね。

さあ、あなたなら窓側の席と通路側の席のどちらを選びますか?

私は通常通路側の席を選びます。

狭所恐怖症とまではいきませんが、狭い場所が苦手な私は、限られたスペースでも束縛されずに行動できる通路側の席を選ぶことで、圧迫感が少なくなり気分的に楽になります。

ちなみにわたしの旦那さんも通路席が好きなので、一緒に旅をする場合は通路を挟んで2人とも通路席をとることが多々あります。

 

機内のどの位置を避けて席を選んだ方がいい?

飛行機のギャレーとは何かご存知ですか?

飛行機のギャレーは機内食の準備をするキッチンのような役目を果たすスペースです。

飛行機のギャレー付近の席に座ると、ミールサービスの準備でうるさかったり、ミールサービスで出入りがはげしかったりします。

日中のフライトではあまり気にならない雑音のレベルかもしれませんが、夜間のフライトではやけにうるさく感じて落ち着けない環境です。

飛行機のギャレー同様、人が入れ代わり立ち代わり並ぶトイレ付近もできれば避けたいエリアです。

飛行機の非常口にある席は他の席より足元のスペースが広く、このスペースを好んで選ぶ人がたくさんいます。

ただ、この席を選びたい場合 1)足元に自分の荷物を置くことを禁じられる 2)近年の傾向として追加料金が発生する、が一般的です。

バルクヘッド・シートの意味をご存知ですか?

バルクヘッドとは機内のスペースを仕切る壁です。

バルクヘッドに面した席は足元のスペースが通常よりも広くなります。

ただしこのバルクヘッドには赤ちゃん用の簡易ペットが取り付けられるようになっているため、バルクヘッド・シートは赤ちゃん連れのファミリーが占領することが多々あります。

それに伴い雑音レベルも上がることが予想されます。

また、離陸や着陸の際に足元に荷物を置くことが禁じられます。

あなたがせっかく窓側/通路側の席を選んでも、その席が機内のどこに位置しているかでその価値が下がってしまいます。

上記の情報をうまく役立てて一番理想的な窓側/通路側の席を選んでください。

スポンサーリンク

席でわかる旅客の性格

心理学者によると選ぶ席でその人の性格がわかると言います。

なぜその席を選ぶのかは無意識なチョイスとだけは断言できず、そこには心理的な描写があると言われています。

旅をする際に自分の置かれている環境をどう受け止めるかで選ぶ席が違ってきます。

通路側の席を選ぶ人 =社交的で与えられた環境に適応する能力がある。

他人の邪魔はしたくないけれど、邪魔されるのは平気という考え方の人。

機内で落ち着いて寝られない人が多い。

窓側の席を選ぶ人 = 自分の環境は自分がコントロールする。

自分のコントロールする環境を乱そうとする者やモノにイラつきを覚える人。

自分は自分が守るという考えで、自分だけの世界にのめりこむ人が多い。

以上は心理学者の見解でとても興味深いのですが、私としては、この件に関してベテランCAにも意見を伺ってみたいところです。

 

各航空会社の飛行機のシートマップ

www.seatguru.comは優れものです。

www.seatguru.com のFind Seat Mapsをクリックしてそこにあなたの検索したいフライトナンバーと出発日等を記入すれば、機内のシートマップを見ることができます。

そうすることで、自分が座りたいのはどの席かが一目瞭然にわかるからです。

今回はルフトハンザ航空の最新機種A380で検索してみました。


以上のように座席のシートマップが出てきます。

事前に自分の座りたい座席を選ぶ手段としてとても便利ですね。

ぜひお試しください。

 

飛行機の窓側と通路側の席の利点と弱点は?長旅におすすめの席やお役立ち情報のまとめ

エコノミークラスの窓側の席と通路側の席は、どちらをとってもそれぞれ損な面と得な面を兼ね備えていることが分かりましたね。

長距離飛行だからこそ、ストレスのレベルを下げたいからこそ、最初からきちっと選びたい自分の座席。

今回記載の情報をあなたの機内の座席選びに役立てていただければ幸いです。

 

おすすめの記事