貴船神社は、京都の市街地を北上した山の中に古くからある神社です。その創建については正確な記録が残っていないため不明ということですが、約1300年前に御社殿造替が行われたという社伝があり、非常に由緒正しい神社といえます。水の聖地としても知られ、近年はパワースポットとしても大人気の貴船神社の魅力をお伝えします♪
この記事では貴船神社の参拝方法と人気の水みくじについて記載しています。

 

スポンサーリンク

貴船神社の参拝方法と水占い

鴨川の水源地に当たり、水の神様をお祀りしている貴船神社は、三つのお社からなり、本宮に高龗神(たかおかみのかみ)、結社に磐長姫命(いわながひめのみこと)、奥宮に高龗神(一説には暗龗神(くらおかみのかみ)とも伝わる)をお祀りしています。

この貴船神社が縁結びのご利益があるとされる理由は、結社に祀られている磐長姫命が、妹神である此花開耶姫とともに瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の元に嫁ごうとした際に、その醜い姿に驚いた瓊瓊杵尊が、容姿端麗な此花開耶姫だけを妻に迎え入れ、磐長姫命を実家に送り返されました。

磐長姫命はその悲しい出来事を恥じて、『私は長くここに留まり、人々に良縁を授けましょう』と言われ、鎮座したことが始まりといわれています。

平安時代の女流歌人、和泉式部も心変わりしてしまった夫との復縁祈願をこちらで行い、見事に成就したことからも縁結びの神様として信仰を集める由来になったそうです。

貴船神社の参拝方法

貴船神社で良縁を祈願したいという方に是非読んでいただきたいのは、その参拝方法。

「縁結びの神様が祀られている結社だけお参りすればいいや!」と思った方は要注意です。

貴船神社には古くから『三社詣(さんしゃまいり)』と呼ばれる参拝方法があり、その方法を守ってこそ、ご利益があると言われているからです。

ではその参拝方法はというと、貴船川に沿って三つの社がある貴船神社ですが、

「本宮」→「奥宮」→「結社」の順でお参りするのが正しい方法です☆

大きな鳥居をくぐったら、有名な灯籠のある階段を上り、手水舎で身を清めましょう。

その後、本宮でお参りを済ませ、本宮脇にある社務所にて、細長い緑色の紙「結び文」を購入しましょう。こちらに願い事を記し、奥宮を参拝し、結社でお参りを済ませた後に、「結い処」に結び付けて祈願しましょう。

そのご利益は男女間の縁結びのみでなく、交友関係や子授けなどのあらゆる縁を結ぶとされており、就職祈願や受験などの祈願にもたくさんの人が訪れています。

貴船神社の水占いという水みくじ

貴船神社を訪れたら、是非とも水占いみくじをお試しあれ♪

水につけることで文字が浮かび上がる占いの紙。

本宮で販売されている水占いみくじは1枚200円。

本殿の右手奥にある水占齋庭で、手水舎の水に浸けると、文字が浮かび上がってきますよ☆

普通のおみくじと違い神様のお水につけるという一手間かかるのがまた神秘的。

販売時間:9:00~17:00

貴船神社のお守り

そしてこちらで良縁祈願をされた方にお勧めなのが「むすび守文型」というお守です。結び文を模した形のお守はとってもキュート!持っているだけで気分も明るくなりそうなお守♪可愛らしいピンクと水色の二色があるので、カップルで参拝した方は色違で持つのも素敵ですね。(各1000円)

スポンサーリンク

販売時間:9:00~17:00

貴船神社の四季

貴船神社の年中行事の中でも観光客に人気なのが七夕神事。七夕の前後には境内に大きな笹が用意され、様々な願い事を込めた短冊が風に揺れる景色はとても涼しげです。

また、紅葉や積雪の季節には美しくライトアップされる景色も楽しめるので、是非ホームページでチェックしてみてください☆

 

貴船神社へのアクセス

貴船神社の住所:京都市左京区鞍馬貴船町180

電車でのアクセス

叡山電鉄「貴船口」駅下車。徒歩の場合は約30分。山道をひたすら上りますが景色は最高!(約2㎞)

足に自身のある方や、ゆっくりと自然の景色を楽しみたい方にはオススメ!

※「貴船口」下車後、神社のすぐそばまで無料のシャトルバスも運行していますのでそちらも便利です☆

京都バス(33番)に乗車、「貴船」で下車。徒歩約5分。

車でのアクセス

駐車場:自家用車用が25台分。二時間で500円。

※駐車場はありますが、それほど広くはないので、公共交通機関がオススメ!
※周辺にも有料駐車場はなく、飲食店の駐車場がほとんど。また道幅も狭く、観光客も多く歩く道なので車で行くのはあまりオススメできません。

バスうや電車の駅周辺の駐車場へ停めて向かうことをオススメします。

 

貴船神社周辺のオススメスポット

貴船神社の周辺は、豊かな自然を楽しむ絶好の場所で、四季それぞれに美しい景色を楽しむことが出来ます。

貴船まで来たら、ぜひ足を延ばしてほしい場所が鞍馬寺。牛若丸(源義経の幼名)が天狗に武芸を習ったとされる有名なお寺です。

叡山電鉄「鞍馬」駅からひたすら山道を登って辿りつく金堂からは京都の景色を一望することが出来ます。

 

また、パワースポットとされる奥の院『魔王殿』までの道は杉林が繁る木の根道が有名。『魔王殿』から15分ほどの下り坂を歩いて行くと貴船神社のすぐそばの道に出ますので、両方行きたいという方は先に鞍馬寺へお参りするルートがオススメ!

 

貴船口から貴船神社までの道には、貴船の代名詞ともいえる『川床』で美味しいお料理をいただけるお店が沢山あります。

豊かな水の流れに耳を傾け、山歩きで疲れた身体を休めるには最適の場所。

名物の鮎や牡丹鍋など季節ごとの味覚が楽しめるほか、甘味のみを楽しめるお店もあるので是非チェックしてみてください☆

貴船は桜、新緑、紅葉、雪景色とどれをとってもとても美しいですが、オススメはやはり紅葉の季節です。

叡山電鉄に乗って訪れると、市原駅から二ノ瀬までの間に有名な紅葉のトンネルがあり、上部まで窓がある展望電車「きらら」からの眺めは圧巻の一言。

シーズンには混雑もしますが、疲れた時には自然から元気をもらえるお勧めのパワースポット♪

賑やかな街中の観光に疲れたら、是非この場所で癒され、清らかな心で良縁成就を祈願してください☆(ただし、相当な山道ですので、履き慣れた歩きやすい靴で出掛けてくださいね)

 

 

おすすめの記事