歴史的建造物として国宝や重要文化財に指定される神社や仏閣が数ある京都ですが、その中でも観光客に人気が高いのが今回ご紹介する下鴨神社です。パワースポットとしても名高い広大な糺の森を進んだ先にある色鮮やかな朱塗りの楼門が有名ですね★

この下鴨神社は実は京都でも有数の縁結びの神社なのです♪

 

スポンサーリンク

下鴨神社のご利益や由来、参拝方法

下鴨神社の正式名称は『賀茂御租神社(かもみおやじんじゃ)』といい、鴨川の下流に祀られているお社ということから「下鴨さん」や、「下鴨神社」と呼ばれ、その名が広く知られるようになりました。

 

御祭神は賀茂建角命(かもたけつのみこと)と玉依姫命(たまよりひめのみこと)。

西殿に祀られる賀茂建角命は古代の京都をひらかれた神様とされ、山城の国一宮として京都の守護神とされています。そのご神徳は世界平和、五穀豊穣、無病息災などありとあらゆるものがあります。

 

東殿に祀られる玉依姫命は女人守護の女神として広く信仰を集め、縁結びや子授け、安産、育児のご神徳を得られると言われています。

この二柱が祀られている西殿、東殿はそれぞれ国宝に指定されています。

下鴨神社に良縁祈願に訪れる参拝者が必ずと言っていいほど訪れるのが【相生社(あいおいしゃ)】。糺の森を抜けた先にあるお社です☆

 

この相生社には古代から縁結びの神様として信仰されている神皇産霊神(かむむすびのかみ)が祀られており、その強いご神力の影響を受けてお隣にある二本の木は途中から一本に結ばれてしまったと言われています!

御神木【連理の賢木】を見ていると、とてもご利益があることが伝わってきますね♪

 

相生社(あいおいのやしろ)の参拝方法

それでは相生社の参拝方法をご紹介します。

1.まずは絵馬(1枚500円)に願い事を書き記します。

2・次に願いを込めながら絵馬についている紅白の紐を結びます。
この時大事なのが良縁を願いながら行うこと。
雑談しながらではなく集中しましょう。

3.絵馬を持ち、相生社の周りを男性は時計回りに、女性は反時計回りに二周します。

4.その後、三週目の途中で絵馬を奉納し、お社にお参りします。

5.最後に連理の賢木の綱を二回引き、願いが叶うように心を込めてお祈りしましょう☆

6.相生社の正面に戻ってきたら2礼2拍手1礼でお参り。

こちらの絵馬にはお願い事のプライバシーを保護するための絵馬用のシートもあり、他の人に内容を知られてしまうことを防ぐことが出来ますので、安心してくださいね♪

 

縁結びおみくじ

また、相生社では源氏物語にちなんだ『縁結びおみくじ』を引くことが出来ます☆

縁結びのパワースポット、下鴨神社では年間を通じて沢山の祭事が行われているほか、毎日多数のカップルが結婚式を行っています。

こんな素敵な神社で結婚式を挙げられるなんてとても素敵ですよね!

晴れの日に綺麗な花嫁衣装を着て、歴史ある神社で厳かに愛を誓い合う、そんな結婚式はきっと一生の思い出になりますよね。とっても憧れます♪

縁結びのお参りを済ませたら、是非ゆっくりと境内を散策してみてください。

もしかしたら素敵な花嫁行列を見ることが出来るかもしれません!そんな時はきっとますます運気がアップしそうですね☆

 

下鴨神社のお守りのオススメと販売時間

楼門を入り、舞殿の先にある授与所では沢山の種類のお守をいただくことが出来ます♪

縁結びのご参拝でしたらオススメはちりめん生地で作られた『媛守(ひめまもり)』。とっても可愛らしいお守りで、持っているだけで明るい気分にさせてくれますよ!

 

下鴨神社のお守りの販売場所は2ヶ所で行われています。

・相生社の横にある授与所

・中門の前にある授与所

お守りが購入できる時間は9:00~16:00です。

 

下鴨神社のお守りは通販できるの?

下鴨神社に行けないから通販で購入したいって話をよく聞きます

でもお守りなどは販売されているわけではないんです。

社務所に置いてあるものは神社から譲りうけるものなんです。

その対価に「お金を納める」という扱いなので神社に行く以外は手に入れることができないんですよ。

 


スポンサーリンク

下鴨神社へのアクセス

下鴨神社の住所:京都市左京区下鴨泉川町59

電車、バスでのアクセス

京都駅より市バス4番・205番 下鴨神社前。

京阪本線「出町柳」駅、叡山電鉄「出町柳」駅下車、徒歩約7分。

 

車でのアクセス

駐車場:乗用車300台。(有料 150円/30分)

下鴨神社の西側に大きな駐車場がありますが、たくさんの観光客が参拝に来る神社ですので、公共交通機関を使っての参拝をお勧めします☆

 

 

下鴨神社といえば「みたらし団子」

下鴨神社が【みたらし団子】発祥の地ということをご存知ですか?

今回、まずお勧めするのはそんなみたらし団子の元祖!として有名な『加茂みたらし茶屋』。

みたらし団子の紀元は下神神社の参道にある糺の森のみたらし池に湧き出す水泡を形どって作られたという由来があります!

 

素材にこだわり、丁寧に作られたみたらし団子は絶品の一言♪

地元京都人はもちろん、最近ではわざわざここのみたらし団子を食べにくるリピーターの観光客の方も多いのだとか!

お手頃なお値段で味わえるお団子のほか、あずきの優しい味わいのぜんざいやお抹茶もありますので、休憩がてら立ち寄ってみてはいかがですか?

 

もう一つのオススメスポットは加茂川の対岸にある相国寺。

伝統ある立派なお寺は、臨済宗相国寺派の大本山として足利義満によって建立されました。

京都の中心地に広大な敷地を持ち、豊臣秀頼によって再建された法堂は日本最古にして最大ものとされ、天井に描かれた龍は、手を打つと龍の鳴き声のように聞こえることから「鳴き龍」と呼ばれています。

今回は京都でも特に古くから縁結びの神様として信仰を集める下鴨神社をご紹介しました。糺の森の中にある、美人になれるご利益があると言われる河合神社と合わせてお参りして、良縁を祈願してくださいね。

四季折々の景色を楽しめる下神神社ですが、敷地内の紅梅が盛りを迎えた時の美しさは本当に息を呑むほどです。

お参りの際には美しい景色と美味しいみたらし団子も合わせて楽しんでくださいね!

おすすめの記事