広島城へのアクセス方法を全部紹介しちゃいます。
立春を過ぎると梅の開花宣言も出て、少しずつ春の気配が近づいてきます。
と、なりますとそろそろ春の旅行プランを立てる時期ですね。
今回は広島城近くに勤務している私が使用する交通機関別に便利なアクセス方法を紹介します。

スポンサーリンク

広島城へ路面電車を利用していく場合

JR広島駅南口から、広島電鉄の「宮島口行き」「西広島駅行き」「江波行き」の路面電車に乗り、紙屋町西電停で下車します。

運賃は大人180円、小学生以下90円です。

そごう本館の建物に沿って、北方向パセーラ方面に10分ほど歩きます。

2018年現在そごう本館は東南側の外壁工事を行っていますので足元には注意してくださいね。

ひろしま美術館の横の地下道から広島城へ行くこともできるのですが、広島に来たのですから、広島城の二の丸も見て歩きたいので地上を歩いて行くコースで案内しますね。

そのまま、真っ直ぐリーガロイヤルホテルの方向に歩き、広島美術館と広島市民病院の間にある横断歩道を渡り、中央テニスコートで右に曲がります。

合同庁舎とテニスコートの間の横断歩道を渡り、広島城の二の丸のお堀に沿って表御門を目指して歩いていきましょう。

 

広島空港からバスセンター経由で広島城へ

おりづるタワーや平和公園、宮島口へ向かうのとは出口は逆方向になります。

広島バスセンターにバスが到着したら、降車場からバスセンターの出口にある北側の階段を降りて下さい。(アクアセンター街が休館日でもこの階段は使えます)

1階の出口から、パセーラ、リーガロイヤルホテル方面へ向かって歩きます。

ここからは、広島電鉄で広島城へ向かうのと同じルートです。

ひろしま美術館横にある地下通路のルートも説明しますね。

横断歩道を渡らずに広島城の表御門へ行くことができるので便利な通路です。

美術館横を歩いていますと二の丸の櫓が見えてきます。

地下通路の入り口があるのでそのまま進んで、左と右の分岐点があるつきあたりを左へ行き上がっていくと表御門が見えます。

と、ここで気になりますのが旅行鞄やキャリーケースなどの荷物ですよね?

バスを降りたばかりだから、チェックインするホテルまでは少し距離がある。時間も早い。

さて、どうしましょう。安心してください。

広島バスセンターでは、高速バス切符売場とくすりのウエルネス(薬局)の間にコインロッカーがあります。

営業時間は午前5時30分から午後24時迄です。

料金は小型:300円。中型:500円 大型:700円となっています。

広島バスセンターの事務所ではコインロッカーに入りきらないような大きな荷物もコインロッカーに預けるのと同じ料金で預かってくれます。

受付時間は午前9時から午後18時迄です。

 

広島駅から市内循環バスめいぷる~ぷを利用した場合

広島駅新幹線口から、30分間隔で運行されています「めいぷる~ぷ」は400円の一日乗車券でお得に市内の観光名所や平和公園を巡ることができます。

広島城へはオレンジルート・レモンルートのバスで停車します。

ホテルグランディア前からご乗車になり、合同庁舎前「広島城(護国神社前)」で下車。

RCC中国放送局の手前にあります、裏御門から入ります。

※写真は市民病院前(広島美術館)の「めいぷる~ぷ」の時刻表です。

17時が最終便となっていますので観光プランの目安にしてくださいね。

広島城の観光を終えて、次の目的地に向かうには市民病院前(ひろしま美術館前)からがアクセスがしやすいですよ。

広島城バス停は、この表示の2分前の時間となります。

お昼時と重なったら、アクアセンター街やそごうでランチタイムなどもおすすめですよ。

 

車で広島城を訪れた場合のおすすめ駐車場

駐車場は広島中央駐車場がお得でおすすめ。

駐車場は天守閣に入場しますと30分の無料割引があるのと、広島城に一番近いのです。

駐車料金は1時間180円です。

広島市民病院の裏手にあるので場所もわかりやすくて中央テニスコートの地下にある駐車場は収納台数が406台とゆとりがありますので平和公園やおりづるタワーを巡るのにも適しています。

スポンサーリンク

表御門と裏御門、どちらにもアクセスしやすいので個人的にはおススメです。

住所:広島県広島市中区基町2
電話番号:082-227-2110
営業時間:午前6時30分から午後25時
駐車料金:180円(30分毎)
最大料金:1,500円
収容台数:406台

JR在来線を利用して広島城へ向かう場合

岩国方面からのアクセスですと新白島駅で降りて、アストラムラインに乗換えて県庁前で降りるのが便利ですよ。

一部が地下鉄仕様になっていますので、アストラムライン県庁前駅は地下にあります。

改札口は市民病院側(北側)とシャレオ地下街側(南側)とありますが、市民病院側(北側)の改札口を出るのが近いので便利ですよ。

アストラムラインは白島駅から県庁前まで片道190円です。

2分くらい歩きますと、右側に市民病院前へと上がる階段がありますので、そこから

テニスコートの横を通って横断歩道を渡って、表御門へと向かってください。

 

広島城について

広島城の二の丸は、かつては敵に攻められてきたときに出撃のための、馬出しの機能をもった本丸を守る要の場所でした。

中御門跡のたもとには被爆樹木のマルバヤナギが植わっています。

本丸には大本営の跡地もあり、日清戦争のときには明治天皇が滞在され、日本の首都となっていた時期もありました。

広島城は1945年8月6日、原爆によって倒壊、焼失したのです。

現在の天守閣は昭和33年(1958年)に復元されました。

二の丸平櫓、太鼓櫓、多門櫓は1994年に復元されました。

二の丸や表御門は無料で入場でき、櫓内では復元されるまでの過程がパネルで展示されています。

そして資料を元に忠実に復元された鉄砲狭間や格子窓の造りもなかなか見ごたえがあります。

お堀の遊歩道に沿って歩き、西側からカメラアングルの良い場所を探してみましょう。

広島城のお堀の西側から、基町高校の前にかけての遊歩道はベストアングルで写真が撮れます。

ここで広島城の魅力番外編~知っているようで知らない話。

基町高校はアニメ映画「君の名は」の主人公、瀧くんが通う学校のモデルになった学校なのです。

公立高校なのにとってもおしゃれで今の高校生がうらやましいです!

そしてお堀や城内の桜の美しさ。

桜の木を手前に入れて撮るなど季節ごとの広島城の写真を撮影するのも愉しみですね。

 

広島城の天守閣内部は武家の暮らしを紹介する歴史博物館になっていますが、館内は殆どが撮影禁止となっています。

撮影可能な場所で一番人気がありますのが、鎧や甲冑を着て記念撮影ができる体験コーナーです。

広島城の天守閣の最上階の展望台からはかなり遠くまで見渡すことができます。

しかしながらこの日は雨のお天気でした。

お天気が良かったら宮島の弥山まで見ることができるのですがね

望遠鏡も設置されているので天守閣からの眺めを楽しむこともできます。

コーヒーなどのドリンクの自販機もありますのでゆっくり景色を眺めながら休憩もできますよ。

広島城と城址を巡る所要時間は写真を撮りながらゆっくり散策して、原爆関連の史跡も巡りますと2時間を目安に考えて置いたほうがよいですね。

基本情報
住所:広島県広島市中区基町21-1
電話番号:082-221-7512

開館時間:午前9時から午後18時迄(入館時間は17時30分)
12月1日から2月28日は午前9時から午後17時迄(入館時間は午後16時30分)
お盆やGWの期間は時間が延長される場合もあります。

入場料:大人・370円 65歳以上180円
高校生・180円 中学生以下・無料

 

広島城周辺の石垣について

戦前には国宝にも指定されていた広島城の石垣は毛利輝元が築城した当時は山からの石と海から運んできた石を使っていたのですよ。

戦国時代は石を加工する技術がまだ発達していなかったのですから自然石そのままの姿。

原爆によりお城は倒壊、焼失しましたが、石垣は築城当時のままの姿で残っているのでよく観察してみますと牡蠣殻が当時のまま残っている部分もあるのです。

加工した石垣を使って修復したのは二代目藩主福島正則です。

自然石の石垣と加工された石垣の違いについて観察とかしてみたいのですが、今は安全対策のために防護柵とかが設置されていて立ち入りが制限されている場所もあるので、石垣全体を観察するのは難しいかもしれませんね。

季節ごとの美しさが魅力的な広島城。

桜の咲く季節に訪れてその魅力を堪能してくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事