春のお彼岸、春分の日を過ぎますと少しずつ春の気配が強くなってきます。
3月も後半になってくると桜の開花宣言もでてきますね。
宮島の春は桜の開花と共に始まります。
今回は宮島では3月から4月にかけてどんなイベントが開催されるのかな?
桜のお花見と同時に楽しめるイベントはあるの?
長期間開催される宮島春のイベントはどんなのがあるの?
宮島へ渡るフェリーの始発時間は何時から?何時まで運航しているの?
気になる事はたくさんありますね。
初めて宮島を訪れる方も、リピーターの方も必見の宮島のおすすめグルメも案内します。

スポンサーリンク

もくじ

地元住民がご案内する宮島春の行事とイベント

宮島では3月下旬から桜の開花にあわせるように伝統ある行事が開催されます。
日程ごとにご案内させて頂きますから旅行プランをたてる時の参考にしてくださいね。

3月21日から4月3日まで宮島町内の各所で開催される「宮島雛巡り」そして、3月24日に開催されますのが清盛祭です。
4月15日に行われます宮島大聖院の火渡り式、同じ日には午後18時から厳島神社では桃花祭の舞楽が行われます。

宮島の桜の木々にも鮮やかな新緑の若葉が出始める4月15日、宮島では宮島大聖院三鬼大権現春季大祭火渡り式、そして宮島厳島神社で行われます桃花祭(とうか祭)の舞楽が奉納されます。
4月16日から4月18日までの3日間は能舞台で奉納されます宮島桃花祭神能の神事があります。

今回は宮島大聖院三鬼大権現春季大祭、厳島神社で奉納されます雅楽、桃花祭(とうかさい)と宮島桃花祭御神能(とうかさいごしんのう)を案内させて頂きます。

清盛祭の見どころと2019年の清盛公はこの人!

春を呼ぶ宮島清盛祭とはどんなイベント?

宮島の繁栄の礎を築かれた平清盛公の遺徳を偲び、平家一門の厳島神社参詣をモチーフと
した「清盛まつり」を行います。
平家一門の武将や公達(きんだち)白拍子(しろびょうし)物詣姿(ものもうですがた)
胡蝶(こちょう)迦陵頻(がりょうぴん)百人の稚児行列が宮島桟橋の前にある平清盛像から表参道商店街を通り、三笠の浜、厳島神社、清盛神社まで歩きます。
桜の開花も間近な春の宮島で雅な平安絵巻の行列が楽しめます。

開催期間は?

平清盛公の命日である3月20日前後に開催されるイベントです。
2019年に行われます宮島清盛祭は平成31年3月24日の開催です。

平清盛公は誰が扮するの?

2019年の平清盛公に扮するのは地元広島のプロサッカーチーム、サンフレッチェ広島のアンバサダー森崎浩司さんが務めます。

3月24日は午前10時30分から宮島桟橋横にある平清盛像の前で森崎浩司さんのトークショーも行われます。

開催日時と開催される順路は?

2019年3月24日午後13時から午後15時30分まで行われます。
清盛祭の順路は午後13時に宮島桟橋前で厳かに出発式が行われます。
表参道商店街を通りまして御笠の浜へと進みます。
厳島神社に参拝してそれから参加者全員で千畳閣と五重の塔を背景に記念撮影です。
15時30分頃清盛神社でご祈祷を行います。

清盛祭の行列は誰でも自由に参加できるのですか?参加費用は?

宮島観光協会に事前申し込みをしますと様々な役柄に扮して参加することができます。
衣装によって価格は異なります。
役柄によって衣装の価格は16,000円から30,000円となっています。
物詣姿や公達(きんたち)は16,000円から18,000円ですが、袿姿(うちぎすがた)は30,000円となっています。

雅な平安時代の衣装はもちろん、勇壮な鎧兜の武将姿にも扮することができます。
胡蝶(こちょう)や雅陵蘋(がりょうびん)は150センチまでと身長制限があります。
直垂姿は高校生以上の女の子でも扮することができます。

新一年生となるお子さんが着る稚児衣装も可愛いですよ。

お申込み受付開始:2月1日から

お問い合わせ、お申込み先:宮島観光協会・電話番号:0829-44-2011

詳しくは宮島環境協会のHPをご覧ください
↓     ↓
http://www.miyajima.or.jp/event/event_kiyomori.html

宮島雛巡りの見どころと開催時間

宮島雛巡りとは

宮島は古来より歴史に名を刻み、様々な偉人、文化人、そして数多くの観光客を迎えて来た島です。
島にはそのお客様を迎える為に土産物、木工などの商工業が発展しました。

島の商家や一般家庭には江戸時代、明治、大正、昭和とその繁栄を裏付けるような豪華なお雛様が残っています。

時代ごとのお雛様を見て歩くのも楽しいですね。

2019年3月21日から2019年4月3日までの10日間開催されます。
桜の咲く時期に合わせてお花見と雛巡り両方を楽しむのも素敵ですよ。

宮島雛巡りの開催場所は?開催時間は何時から?

ピンクの宮島雛めぐりの幟が立っているお店や一般家庭です。

雛巡りが開催されているお店に立ち入ることができるのは午前10時30分からです。
一般家庭でもお雛様を展示していますからマナーを守って楽しんでくださいね。

御手洗川の川岸の枝垂れ桜や千畳閣を見上げる五重の塔の桜も次第に見頃を迎えます。
日にちごとに多彩なイベントも開催されますからこちらのHPも要チェックですよ。

http://www.miyajima.or.jp/event/event_himemeguri.html#

雛巡りで歴史の趣のある雛人形が展示されている場所は?

お花見のスポットでもご案内した桃林へと続く路地の向いにある歴史民俗資料館でも
江戸時代からのお雛様が展示されています。

宮島大聖院でも多彩なお雛様の展示が行われます。

雛巡りを楽しむのに最適な服装や靴は?

靴を脱いで上がったり、石段のある道を歩くことが多いですから脱いだり履いたりしやすい、滑りにくいスニーカーでの散策をおススメします。

上着が必要になったり、そうかと思えば汗ばむほど暖かくなるなど昼間と夕方では気温の変化の大きい季節です。
カーディガンが一枚あると便利ですね。

宮島大聖院三鬼大権現春季大祭

開催日:4月15日午前11時から

宮島大聖院三鬼大権現春季大祭火渡り式の祭祀の案内

午前11時から:家内安全、身体健康、商売繁盛、心願成就などの大般若転読法要
(だいはんにゃてんどくほうよう)が行われます。

宮島大聖院三鬼大権現春季大祭火渡り式の順序と時間は?

午後13時から;柴灯大護摩経(さいとうだいごまきょう)
午後14時から:火渡り式(火伏法)
午後15時:終了予定

お加持の儀式

櫓を崩してから、お加持の儀式が行われます。
鞄やお財布などを山伏さんに預けて、燃えた護摩木の上で清めて頂きます。

火伏せの儀式と火渡り式の混雑状況は?

大導師様の火伏せの儀式が行われてから火渡り式が始まります。
申し込みをすれば一般の人も火渡り式に参加できます。
午後になりますと御成門へ続く石段はもちろんですが、多宝塔から御成門へ続く道も多くの参拝者で混み合っています。

火渡り式を間近で見たい場合何時までに大聖院へ行けばいいの?

火渡り式を近くで見たい、という場合は大般若転読供養が行われる午前11時からは境内が混雑してきますから、午前10時くらいには大聖院へ到着しておくようにしてくださいね。

2018年11月15日に行われた火渡り式でも多くの海外からの観光客の方も火渡り式に参加されていました。
住んでいる国とか関係なく御仏の前ではすべてが平等という発想は素敵ですね。

宮島大聖院基本情報
住所:広島県廿日市市宮島町210
開門時間:午前8時から午後17時
お問い合わせ電話番号:0824-44-0111
アクセス:宮島桟橋から徒歩16分

宮島厳島神社桃花祭

4月15日には宮島厳島神社で桃花祭(とうかさい)の舞楽が奉納されます。

ライトアップされている厳島神社の境内は普段は立ち入ることができませんね。
ですが、厳島神社で4月15日に行われる桃花祭、10月15日に菊花祭の舞楽が奉納される
両日は日没後の厳島神社へ昇殿することができるのです。

厳かな空気に包まれた宵闇の厳島神社で舞楽の奉納を鑑賞してください。

舞楽とは?

桃花祭で行われる舞楽とは雅楽によって行われる舞踊のことで平清盛公によって京の都から宮島に伝えられたもので現在では日本国内でも数カ所でしか見ることができません。

桃花祭の舞楽は何時からおこなわれますか?

10月15日の菊花祭は日没が早い秋に行われますので舞楽が始まる18時頃には辺りもすっかり暗くなっています。

4月15日の桃花祭は少しずつ日が長くなる時期ですから夕方の18時頃では辺りはまだ明るいのです。

桃花祭が行われる時間は満潮なの?

舞台を楽しむには満潮なのか干潮なのかが気になりますね。

4月15日の潮汐表を見てみますと満潮の時刻になります。
↓    ↓
http://www.miyajima.or.jp/sio/sio04.html#calendar

4月15日に雅楽が開催される時刻は満潮時と重なりますから、海に浮かぶ大鳥居を背景に
桃花祭の雅楽を楽しめますね。

※潮汐とは何?どの状況なら大鳥居まで歩いて行けるの?こちらをご覧くださいね。
↓    ↓
http://www.miyajima.or.jp/sio/sio_mikata.html

スポンサーリンク

桃花祭で行われる雅楽の演奏はどんな状況?

桃花祭で行われる雅楽の演奏はもちろん、生の演奏です。
燭台に灯された蝋燭の灯りの中で演奏される雅楽は雅な世界へと誘ってくれます。

日が長くなってくる4月の桃花祭の舞楽も演目がすすむとともに夜の闇も濃くなってきます。

舞楽の見所の演目は?

宮島厳島神社の高舞台に桃の花が供えらえてから舞楽が始まります。

http://www.miyajima.or.jp/event/event_momoka.html

緩やかで優雅な舞楽が奉納されていきます。
一番の見所は蘭陵王(りょうおう・陵王ともよばれています)の演目です。

蘭陵王は実在する名将の逸話にちなんだ演目なのです。
優しく美しい顔を隠して戦に挑み勝利したことから歌や舞にして現在に伝わっています。
ライトアップされた厳島神社の大鳥居を背景に跳躍感のある舞の姿は観客を魅了します。

撮影の時はフラッシュとかは使用できますか?

桃花祭は鑑賞用の舞楽ではなく神事でありますから蝋燭の灯りのみで行われます。

フラッシュの使用はできませんが暗いところでもクリアな画像が撮影できるスマホであれば撮影には最適ですね。

舞楽を観覧する料金はいくらかかるの?

宮島厳島神社の境内で奉納される舞楽ですから
殿の時に支払います300円だけです。

舞楽は何時までの上演ですか?どんな服装がよいですか?

午後20時までの舞楽ですから宮島に宿泊してゆっくりと舞台の演目を楽しんで下さい。

4月の半ばとはいえ昼間は暖かくても夜になると冷え込む時もあります。
厳島神社は海の上に建てられた神社です。
使い捨てのカイロを用意したり、ジャケットやストールなど気温に応じて調整のできる服装で雅楽を御観覧してください。

 

宮島厳島神社桃花祭御神能

4月16日から4月18日の3日間、宮島厳島神社の能舞台で江戸時代から継承されている
桃花祭御神能(とうかさいごしんのう)が行われます。

御神能はいつから奉納されるようになったのか?
時は天文24年(1555年)厳島の合戦が起こり、多くの犠牲者がでました。
毛利元就公が合戦の翌日から7日間の神能を奉納したのが始まりだと伝えられています。
紅葉谷から包ヶ浦へと続く尾根の博打尾(ばくちお)には毛利軍の古戦場跡があります。

国の重要文化財として指定されている能舞台は国内に6棟あります。
厳島神社の能舞台は海上にある極めて珍しい能舞台なのです。

世界遺産の厳島神社で能と狂言が楽しめるので人気がある神事なのです。

演目の日時と内容は?

4月16日:喜多流
4月17日:観世流
4月18日:喜多流

午前9時から午後16時まで能と狂言の演目が披露されます。
面をつけての翁の舞は静かなる舞です。
面をつけずに舞う躍動感にあふれた揉の段の舞などが演じられます。
厳島神社が平安時代へと時が移り変わったような厳かな空間になります。

観覧料金は?どのように桟敷席は設置されるのですか?

廻廊と能舞台の間に仮設の桟敷席が設置されますから、厳島神社に拝殿する300円を支払いますと自由に鑑賞できます。
厳島神社の廻廊の横に能舞台を囲み、せり出すように桟敷席が設置されます。

桟敷の隅ではお弁当とお茶も販売されますから食事をしながら能や狂言の鑑賞もできます。
干潮時と満潮時の床板の音の響きにも着目して雅やかな舞台を堪能してください。

宮島厳島神社へのアクセスと基本情報

住所:広島県廿日市市宮島町1
1
拝観時間:1月1日:午前0時から午後18時30分
1月2日から1月3日:午前6時30分から午後18時30分
1月4日から2月末:午前6時30分から午後17時30分
3月1日から10月14日:午前18時
10月15日から11月30日:午前6時30分から午後17時30分
11月1日から12月31日:午前6時30分から午後17時
アクセス:宮島桟橋から徒歩約12分

宮島の美味しい穴子飯のお店をご案内

宮島へ観光に来たら美味しい穴子のご飯が食べたい!
県外から広島へ遊びに来る友人を宮島へ案内することも多いのですが、ここのお店は美味しいなと思ったお店を案内させて頂きます。

ミシュランガイド一つ星を獲得ふじたや

宮島大聖院の近くにあるふじたやは、ミシュランガイド一つ星を獲得しました。
人気のお店なのでランチタイムは順番待ちの列ができています。

混雑状況と待ち時間は?

席待ち表に名前を記入しておきますと店員さんが席待ち表を見て案内してくれます。
30分くらい待つ時もあります。
時間に余裕をもって訪れたいお店です。
混雑状況によっては相席となる場合もあります。

注文を受けてからの待ち時間は?

注文を受けてから素焼きした穴子にタレをつけて焼くので30分は待ちますが、
セイロで蒸したご飯との相性は抜群です。

どんぶりは温めてからご飯が詰められて、木の蓋がされて提供されますから熱々の状態で
提供されます。

気になる価格は2,300円ですが、上質な味は多くの人々を魅了しています。

ふじたや基本情報

住所:広島県廿日市市宮島町125-2
お問い合わせ電話番号:0829-44-0151
営業時間:午前11時から午後17時
定休日:不定休

陶箱の穴子ご飯に魅了される豆たぬき

宮島参道商店街にあるお店です。
ここの穴子飯は白焼きした穴子を陶箱に入れてそのまま蒸して調理しています。
ふっくらと柔らかな穴子はスプーンでスっとほぐれる柔らかさです。

豆たぬきの穴子料理メニュー

穴子の陶箱飯:1,950円
穴子と牡蠣フライの共演:2,490円

豆たぬき基本情報
住所:広島県廿日市市宮島町1133
お問い合わせ電話番号:0829-44-2131
営業時間:昼間の営業時間・午前11時から午後15時
夜の営業時間・午後17時から午後22時
定休日:基本無休

手軽に味わえる宮島の穴子饅と牛饅

豆たぬきを営業している錦水館では手軽に味わえる穴子饅と、牛饅も販売しています。

昭和30年代のレトロ感あふれる店頭で販売されているふっくらジューシィな穴子饅は宮島サイダーとの相性も抜群ですよ。

ふっくらと蒸し上がった柚子胡椒が効いた穴子饅と広島牛を使った牛饅は1個450円です。
遠方にお住いの方はネット販売でお買求めができますよ。

http://miyajimaman.com/mushiman.html

宮島〇錦本舗基本情報
住所:広島県廿日市市宮島町1133
お問い合わせ電話番号:0829-44-2131
営業時間:午前10時から午後18時
定休日:不定休
インターネット販売:24時間受け付け

宮島のオススメのカフェ

宮島でゆっくりカフェで過ごしたいですよね。
気軽にランチタイムを楽しめるお店を案内します。

宮島参道にある宮島カフェ・バンビーノ。

観光客の方はもちろん、地元の宮島に住んでいる方もランチを楽しみに訪れているカフェです。
深夜の25時まで営業しているから宮島に宿泊してお酒をたしなむこともできますね。

生地から作るピザや、パティシェの店主が作るデザートのケーキは甘さが控えめなので
男性や年配の方にも好評なのです。

店内の座席は一人掛けの座席になっています。壁際がベンチシートになっているので気になるお土産とかバッグとかどうしょう?どこに置こうか?と悩むこともなく食事やスィーツを楽しむことができますよ。

おすすめメニューは?

とろっとろのオムライス、生地から作る自家製ピザ、パティシェが作る自家製ケーキ。
厳島で育った生姜をふんだんに使った厳島ジンジャ―エールも食事と一緒に楽しんでくださいね。

営業時間と店舗情報

宮島は午後18時には閉店する飲食店が多いのですが、カフェ・バンビーノは深夜25時まで営業していますので昼間はカフェ、夜は気軽にお酒をたしなめるバーになります。

バンビーノ基本情報

住所:広島県廿日市市宮島町536-9 中屋玉仙堂2階
お問い合わせ電話番号:0829-44-1415
営業時間:午後12時から午前25時(ランチタイムは午後12時から午後15時まで)
定休日:月曜日
アクセス:宮島桟橋から徒歩5分

御手洗川沿いにあるカフェレンテ

大願寺の境内にあります御朱印の授与所側の出口から、宮島水族館方面に進みますと御手洗川沿いにカフェレンテの入り口が見えてきます。

店内はどんな様子ですか?

西松原越しに厳島神社と大鳥居を眺めながらゆっくり食事を楽しめます。
メニューの価格も800円からとお手頃です。
座り心地のよいソファや椅子も設置されているので居心地がよいのでつい長居してしまうお店です。

おすすめメニューは?

野菜のきのこと鶏肉のトマトカレーとオーガニック珈琲ですね。
チーズ好きな方にはブルーチーズと生ハムのホットサンドがおすすめです。
スィーツのメニューも充実しています。

営業時間と店舗情報

カフェレンテ基本情報
住所:広島県廿日市市宮島町北大西1167-3
お問い合わせ電話番号:0829-44-1204
営業時間:午前11時から午後18時
定休日:火曜日
アクセス:宮島桟橋から徒歩約15分

まとめ

宮島の春の行事と美味しいカフェ、穴子料理の美味しいお店を紹介させて頂きました。

宮島雛巡りは2018年もお花見と併せて楽しめたので2019年もスケジュールを調整して
行こうかなって思っています。
宮島の雛巡りは旧暦のひな祭りに併せているのかな?
春休み期間中ですから雛巡りと宮島水族館も楽しんでくださいね。

宮島厳島神社と宮島大聖院では季節ごとの神事と行事が行われています。
そして、美味しいお店や日帰り入浴が楽しめる温泉などもあります。

おすすめの記事