厳島神社を参拝したら是非立ち寄って頂きたいのが厳島神社の出口から歩いて1分の場所にあるのが宮島大願寺です。
正式名称は亀居山放光院大願寺(ききょざんほいこういんたいがんじ)といいます。

宮島大願寺は、かつては東側の塔の丘、千畳閣から西側の多宝塔径の尾までが境内だったのです。

現在の本堂は昔の僧坊で、大経堂である千畳閣が本堂になる予定でした。
昔参拝者は大鳥居をくぐり、大願寺近くの砂浜に上陸した後、大願寺の裏にあった大風呂で身を清め僧坊で休憩した後着替えて厳島神社に参拝していました。
厳島神社の出口が唐破風造りになっていてかつてはこちら側が入口だったのです。
※公式HPより引用

宮島大願寺には薬師如来像、釈迦如来像、阿難尊者像、迦葉尊者像、五重塔から移された釈迦如来座像、文殊菩薩、普賢菩薩の三尊像があります。

宮島大願寺は明治維新後の神仏分離までは厳島神社の修理、造営を担うお寺でした。
そのため厳島神社のすぐ側にあるのです。

日本三大弁財天の一つ厳島弁財天をお祀りしているお寺で、宗派は高野山真言宗です。

宮島大願寺の御本尊とご利益と龍神のパワースポット、6月17日に行われます弁財天様の御開帳の日時と11月3日の火渡り儀式についてご案内させて頂きます。

スポンサーリンク

宮島大願寺のご利益とは?

宮島大願寺は沢山のご利益がもらえるスポットなのです。
弁財天は音楽、芸能、芸術の神様ですが、女性には嬉しい美の女神さまでもります。
9本の松の隣りには弁天様のお使いである龍神のパワースポットもあるのです。

宮島大願寺の御本尊とご利益について

宮島大願寺の御本尊は厳島弁財天、日本三大弁財天の一つであります。
弁財天は音楽、学業、芸術、芸能、音楽の神様としてもご存じの方も多いですね。
厳島弁財天は災い転じて福となす福徳のご利益があります。
女神さまでもありますから女性には美のご利益と、女性特有の様々な悩み事などを解消してくれるご利益があります

一般公開されるのはいつですか?

厳島弁財天は6月17日に一般に公開されます。

厳島弁財天大祭

御開帳時間:午前10時から午後17時まで
大護摩修法:午後13時30分より
大般若転読:午後13時30分より
この他に奉納舞踊や御詠歌、法話があります。

開催日である6月17日は大願寺周辺はかなり混雑します。
午後13時30分からの護摩堂で行われる護摩法要を間近で見てみたい場合は午前9時までには大願寺へ到着できるようにしておくのがよいですね。

賓頭慮尊者(びんずるそんしゃ)なで仏様のご利益

なで仏様と呼ばれている仏様もあり、自分の体の悪い部分と同じ場所のなで仏様の場所を
さすり、その手で自分の体の悪い部分を体をさすると良くなるご利益があるといわれています。

宮島大願寺の龍神のパワースポット

山門をくぐりますと龍神様が祀られている場所と9本の松の木があります。

龍神様が祀られている隣りにあるのは初代内閣総理大臣伊藤博文公が植えられた松の木ですが、空に向かって昇ろうとしている龍の姿を彷彿させる9本にわかれた松の木の姿は龍神の力強さを感じとることができます。

錦帯橋の再建を助けた巴里へ渡った錦帯橋の模型

宮島大願寺には本堂の軒先にパリ万博へ出展された25分の一の錦帯橋の模型があります。

細部までも細かく作られています。
1950年(昭和25年)のキジア台風で錦帯橋が流失した時はこの模型があったから錦帯橋を再興することができたのです。

スポンサーリンク

宮島大願寺の火渡り式とは?一般人でも参加可能なの?

11月3日に行われる宮島大願寺での火渡り儀式は大願寺の不動明王が祀られている護摩堂の前で護摩壇が組まれて火渡りの儀式が行われます。

宮島大願寺の正式名称は厳島大仏不動明王紫灯護摩(さいとうごま)祈願法要です。

どのような順序で行われるのですか?

弥山の消えずの火から採火された火を松明に灯して点火します。

刀や斧で結界をはっていきます。

点火後はものすごい煙です。風向きによってはもの凄く煙たいですよ。

参拝者が願い事を書いた護摩木をどんどん次から次へと火の中へ投げ入れます。

 

護摩木を燃やし尽くして塩を撒いて護摩堂へ向かうように黒い枝を敷いていきます。

一旦は火が引いたように見えたのですが再び火が燃え上がります。

修験者から火渡りの儀式が開始されます。

一般人でも参加は可能ですか?

事前に申し込みをすれば一般の人でも火渡り儀式への参加は可能です。

裸足になれる格好でお越しくださいとのことです。

どれくらいの人が参加するの?

宮島大願寺から歴史民俗資料館の前まで火渡り儀式に参加する人の列は続いていました。

宮島大願寺火渡り式詳細

日時:11月3日・紫灯護摩法要:午後13時から
火渡り儀式:午後14時から
開催場所:広島県廿日市市宮島町大願寺
お問い合わせ電話番号:0829-44-0179

大願寺のお守りとお札

大願寺で購入できる御守りとお札の保管について説明します。

宮島大願寺の蛇の指輪守り

宮島大願寺では蛇の指輪のお守りがあります。

色はゴールドとシルバーがあり、サイズも大・中・小があります。

返却期間についての決まりはありませんが1年単位で新しい指輪に変えた方がよいですね。

お札の保管場所はどこがよいのですか?

神棚があればそこにお祀りしておくのが一番よいのですが、現在の住宅事情では神棚が無いというお家も多いですね。

タンスや本棚の上に白い布を敷いてその上にお札を置いてお祀りします。

1年間で新しいお札に取り換えますが、返却方法などは直接宮島大聖院に問い合わせてください。

宮島大願寺詳細

住所;広島県廿日市市宮島町3番地
お問い合わせ電話番号:0829-44-0179

大願寺の御朱印

ここで説明させて頂きますが、神社では御朱印帳ですが、お寺では御納経帳になります。
参拝の証としてお経を納めていたことから御納経になるのです。

お寺で御朱印を頂く御納経帳を持っていないという方も大願寺で購入するのもよいですね。

宮島大願寺で御朱印が頂ける場所

山門から入って右手側に社務所があります。

御守りやお札を取り扱っている場所の隣りになります。

大願寺で御朱印を頂く時の注意点

大願寺に参拝される方の中には先に御朱印帳を預けてゆっくり参拝したい方もいるかと思いますが大願寺では御朱印帳を預けてからの参拝はできないのです。

境内にある不動明王、厳島弁財天を参拝しても所要時間は30分くらいです。

ゆっくりと参拝してから御朱印を頂いてもよいですね。

※大願寺の住職さんは参拝客に対する態度がかなり悪いことで知られています。

予め心得ておくことで心構えがあるだけでかなり違います。

 

宮島大願寺詳細

住所:広島県廿日市市宮島町3番地
拝観時間:午前8時30分から午後17時
拝観料:無料

まとめ

厳島弁財天、火渡り儀式など宮島大願寺の見所についてご案内させて頂きました。

6月17日の厳島弁財天の一般公開、11月3日の火渡り儀式が行われる日はかなり混雑します。

時間に余裕を持って参拝に訪れてくださいね。

おすすめの記事