お花見の時期と並んで宮島を訪れる観光客が多くなるのが紅葉の季節です。
島内の各地には紅葉の名所もあり多くの観光客で賑わいます。
2018年の紅葉はいつから色づき始めるのか?見頃はいつ頃になるのか気になりますよね?

西日本では11月に入ると紅葉が始まり、11月中旬から下旬までが見ごろとなりますね。
早い時期に行けばまだ色付いていなかったり、時期が遅くなると既に落葉していたりで
自然相手だと予想は立てにくいですね。

安芸の宮島の紅葉の季節は11月中旬から12月上旬頃なのですが、
一番の見頃をカメラに収めたい、というのであれば11月中旬から下旬にかけての時期、
大聖院でもみじ祭りが開催される11月18日から11月26日が一番の見頃になります。

今回は2018年の宮島の紅葉の見ごろはいつ?
混雑を回避するにはどうしたらいいの?

穴場スポット、そして美味しい揚げもみじ饅頭が頂ける紅葉堂を紹介させて頂きます。

2018年の宮島の紅葉の見頃はいつ?

宮島の紅葉は11月に入ると色づき始めて11月の中旬、10日から20日ごろに見頃を迎えますよ。

2018年は猛暑だったのですが、この暑さが紅葉を綺麗に色付かせてくれるのです。

2017年は一週間程、紅葉の色づきが早かったのですが2018年の見頃は3カ月予報がでてからということになりますね。

いつ頃まで紅葉狩りを楽しめるの?

紅葉谷公園の紅葉が終わっても大元公園の紅葉は11月下旬から見頃を迎えます。

宮島の各所に紅葉の名所がありますよ。

安芸の宮島で紅葉を楽しめるのは11月中旬から12月上旬となりますね。

宮島観光協会に伺ってみたのですが、紅葉谷公園の紅葉が終わっても宮島水族館近くの
大元公園や木比屋谷は11月末までは紅葉が楽しめますよとのお返事を頂きました。

2017年の紅葉の見頃はいつ頃でしたか?

紅葉谷公園の紅葉の見頃を参考に案内しますね。

2017年は紅葉の色づきが1週間ほど早かったのです。

10月13日にはもみじ橋周辺はもみじの木々が色づき始めていましたよ。

11月18日の時点で紅葉谷公園の紅葉が見ごろとなりました。

2016年と2015年の紅葉はどうだったのでしょうか?

2016年は紅葉の状況はどうだったのか?宮島観光協会のfacebookをみてみますと11月11日に紅葉谷の紅葉が見ごろを迎えていますね。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1195737617154098&id=575258302535369

2016年は例年よりも早くもみじが色づき始めたようですね。

2015年は紅葉が通常の年よりも早く色づき始めたので著者が11月に紅葉谷公園を訪れた時は既に紅葉が散り始めていたのでガッカリして帰ったのですよ。

2018年の紅葉を楽しむには?

綺麗な紅葉を楽しみたい場合は宮島の観光案内所に問い合わせるのが一番確実ですね。

もみじや銀杏が綺麗に紅葉するためには、昼と夜の寒暖差が大きい。適度に雨が降る。晴天が続く、この三つの条件が必要なのです。

猛暑が続いた夏ですが、これから秋になって朝晩と昼間の気温差が大きくなれば2018年の秋も綺麗な紅葉が期待できそうです。

雨が降るごとに気温が下がり、深まりゆく秋の季節。

自然からの贈り物、安芸の宮島の美しい錦絵の紅葉を堪能してくださいね。

いつ頃まで紅葉狩りを楽しめますか?

著者は2017年にも宮島の紅葉を見に訪れたのですが、11月30日でも厳島神社周辺では落葉している木もありましたが、大元公園ではまだ紅葉を楽しめましたね。

紅葉谷公園は殆ど落葉していました。

ですが、厳島神社近くの豊国神社、千畳閣では大銀杏の黄葉を楽しめました。

宮島の紅葉スポット紹介

それでは安芸の宮島の紅葉スポットをご案内させて頂きます。

紅葉谷公園

宮島桟橋から歩いて20分ほどの距離にあるのが紅葉谷公園です。

日本三景の一つである安芸の宮島にある弥山の麓を流れる紅葉谷公園の中でも紅葉橋周辺はイロハカエデやオオモミジの木々の紅葉に彩られます。

足下の地面に散り行く紅葉の絨毯を踏みしめて歩くのも楽しいですね。

気温が下がってきますと紅葉はより一層紅の茜色の美しさが増していきます。

萌えるような茜色の紅葉、黄色の紅葉、緑の松の木とコントラストとグラデーションが訪れた人々を魅了します。

もみじ橋からロープウエィ乗り場まで自然からの贈り物の紅葉を堪能してくださいね。

紅葉谷公園のおススメの撮影スポットはどこ?

撮影スポットとして人気があるのが紅葉谷公園入口にあるもみじ橋周辺ですね。

紅葉と常緑樹のコントラストが訪れる人々を魅了します。

2015年は例年より紅葉の色づきがかなり早かったのですが、2017年はもみじ祭りの時期に合わせて見事な極彩色の錦絵で訪れた人々の目を楽しませてくれました。

紅葉谷川に架かる赤い橋の上流は、小さな滝が幾段にも重なっています。

紅葉谷川の渓流沿いに登って行きますと弥山への登山道へと続きます。

登山装備をきちんと準備して弥山登山チャレンジしてみたいです。

宮島の鹿たちはモデルとしての自覚があるのか、いつもカメラ目線なのですよね。

一番混み合う場所はどこですか?

紅葉の季節には紅葉谷公園は行き交う人々で賑わいます。

もみじ橋周辺は多くの人々で混み合っていますので、紅葉シーズンは人をいれずに写真を撮るのは難しいですね。

紅葉谷公園基本情報
住所:広島県廿日市市宮島町紅葉谷
お問い合わせ電話番号:08291-44-2011(宮島観光協会)
料金:無料

大聖院

弥山への登山道入り口に建っている大聖院(だいしょういん)は平安時代の始め806年に真言宗の開祖である空海が開基した寺院であると伝えられています。

宮島では最古の歴史を誇る寺院なのです。

宮島へ訪れる人たちも厳島神社ではなく、大聖院を参拝される方が多いですね。

紅葉の季節は多くの参拝者で賑やかになりますよ。

参道の階段の両脇は秋には見事な紅葉の景色へと移り変わります。

見頃を迎えるのは2018年11月17日(土曜日)から11月25日(日曜日)まで開催される大聖院もみじ祭りの期間になりますね。

紅葉の季節には羅漢像の周りも紅葉の絨毯で覆い尽くされますよ。

大聖院で紅葉か綺麗に見えるおススメの場所は?

豊臣秀吉も歌会を開いた魔仁殿(まにんでん)を眺める庭園もあります。

境内の紅葉や銀杏の黄葉がそれぞれに美しい紅葉を見せてくれます。

五百羅漢の周辺にある紅葉も見どころの一つです。

大聖院の見所、御朱印は別記事でご案内しますね。

紅葉狩りは楽しみたいけど人混みは苦手、という方は大聖院がおススメですね。

もみじ祭りとはどんなお祭りですか?

寺宝展、ダライラマ法王開眼のチベット仏の公開、護摩行などが行われる仏事です。

開催時間:午前8時から午後17時
開催場所:大聖院観音堂
料金:無料

大聖院基本情報
住所:広島県廿日市市宮島町210
お問い合わせ電話番号:0829-44-0111

大元公園

宮島水族館みやじマリンの横にある木比屋谷から少し奥にある公園です。

宮島花火大会の記事でも案内した場所です。春は桜のお花見スポットになります。

ここは海岸に近いからなのか紅葉の色づきが11月下旬から12月上旬と紅葉谷公園よりも遅いので紅葉谷の紅葉を見逃しても見頃の時期が長く続きます。

宮島桟橋からは徒歩25分と、かなり距離があるので紅葉シーズンでもここまで来る観光客も少ないですよ。

木比屋谷と併せて静かに紅葉を楽しみたい方におススメしたい隠れた紅葉スポットです。

スポンサーリンク

深い森がひろがり、もののけ姫かトトロの森に迷い込んだような風景となっています。

 

満潮時には海中に根元が没する学術的にも珍しいモミの木が自生しています。

このあたりは厳島合戦の古戦場でもありました。

モミの木の原生林の奥は弥山への登山道の入り口に通じています。

宮島桟橋からバスで行くことはできますか?

紅葉谷公園からはかなり距離があるのでメイプルライナーの時刻表を載せておきますね。

http://www.miyajima.or.jp/timetable/mapleliner.pdf

料金は大人300円、小学生以下150円。定員は9名となっています。

大元公園基本情報

住所:広島県廿日市市宮島町大元
お問い合わせ電話番号:0829-44-2011(宮島観光協会)
料金:無料

豊国神社

豊臣秀吉が戦国時代に合戦で亡くなった武士の鎮魂のためにこの神社を建立したと言われています。

京都の豊国神社とはどこがちがうの?

京都にも豊国神社はありますが、厳島の豊国神社は建てている途中で豊臣秀吉が亡くなったため、現在でも未完成の状態です。

畳では857畳分になるので宮島では千畳閣の名前で親しまれています。

扉や天井が吹き抜けになっているのでとても開放的で風が境内を吹き抜けていきます。

何百年経っても人々がのんびりとくつろげる場所なのです。

千畳閣

初夏から夏の間は青々とした銀杏の木ですが、秋になると黄金色の美しい黄葉へと移り替わります。

千畳閣に上がって銀杏の木越しに眺める厳島神社の姿は格段に美しい風景です。

千畳閣基本情報
営業時間:午前9時から午後18時
入場料金:大人100円

紅葉を楽しむために混雑の回避について

紅葉狩りを楽しむためにも混雑する時間帯と場所は避けたいものですね。

一番人気がある紅葉谷の空いている時間帯と場所を伺ってきました。

紅葉谷で空いている時間帯はいつですか?

午前7時台のフェリーに乗って宮島に渡るのが一番おススメの時間帯です。

朝早い時間なのでそんなに混んでいないので紅葉谷橋を散策するには最適な状態です。

紅葉谷であまり混雑していない場所はどこですか?

混雑していない場所がどこになるのかも気になりますよね。

赤い橋のある奥紅葉谷は弥山への登山道の入り口になるので紅葉谷橋に比べると観光客の姿も少ないので紅葉の写真をカメラに収めたい方には最適な場所です。

ロープウエィの待ち時間はどれくらいですか?

弥山へ登ってロープウエィに乗って原生林の中の紅葉を楽しみたい、待ち時間はどれくらいになるのか?気になりますよね。

運行間隔は1分毎の運行ですが混雑時には30分の待ち時間が生じる場合もあります。

整理券が配布されますので係員の指示に従って下さいね。

宮島ロープウエィ運行案内

運行時間:午前8時から午後17時
住所:広島県廿日市宮島町もみじ谷
お問い合わせ電話番号:0829-44-0316

駐車場の混雑具合は?

宮島口周辺の駐車場は紅葉シーズンにはかなり混雑します。

渋滞に巻き込まれることもあるので広島市内の駐車場に停めてから公共交通機関で宮島へ来られることをおススメします。

紅葉狩りを楽しむのに適した服装は?

紅葉谷や大聖院、大元公園、千畳閣などかなり長い距離を歩くことになるので歩きやすいスニーカーがおススメですね。

早朝の6時から7時の気温は一桁台になることもあるのでセーターやコートでお出かけ
したほうがよいですね。

揚げたてのもみじまんじゅうが一押し紅葉堂弐番館

紅葉狩りを楽しんだ後は揚げたてのもみじまんじゅうで一息ついて休憩しましょう。

紅葉堂は本店と弐番館がありますが、揚げもみじを頂くのでしたら、もみじソフトが楽しめる弐番館がおススメです。

紅葉堂弐番館はどこにあるのですか?

紅葉堂弐番館は、桜の記事で紹介したお好み焼き屋さん「桜まる」の隣りにあります。

店舗は江戸時代に建てられた古民家をそのまま使用しています。

注文をしてから揚げるのでサクサクの食感を楽しめますよ。

一押しの揚げもみじは?

新作の瀬戸内レモンもみじ饅頭もありますが、一押しなのはチーズもみじです。

揚げもみじはお好きなドリンクとセットで380円です。
無料のお茶のサービスもありますよ。

紅葉神社のある中庭でも揚げもみじ饅頭を頂くことができますよ。

紅葉堂弐番館の店内はこのような造りです。

土壁に趣がありますね。

紅葉堂弐番館のメニューは?

揚げもみじ:あんこ、クリーム、チーズ、瀬戸内レモン各180円

揚げもみじソフト:あんこ、クリーム、チーズ各480円

ドリンク:コーヒー、紅茶。ホットとコールドがあります。

ウーロン茶、オレンジ、グレープ各280円

テイクアウトもできますよ。

揚げもみじとドリンクのセット:380円

揚げもみじソフトとドリンクのセット:680円

揚げもみじソフトは前回案内しましたので今回は揚げもみじです。

この他に揚げもみじソフトも注文しちゃいました。

中庭で紅葉を眺めながら頂く揚げもみじは美味しいですよ。

季節も秋の気配が濃くなって気温も下がってきて暖かい揚げもみじも美味しくなります。

混雑していない時は中庭で揚げもみじを召し上がってくださいね。

紅葉堂基本情報

本店
住所:広島県廿日市市宮島町448-1
お問い合わせ電話番号:0829-44-2241
営業時間:午前9時から午後17時30分(季節によって変動があります)
定休日:不定休なので電話で確認してくださいね。
取扱い商品:揚げもみじ、もみじまんじゅう。

お土産用のもみじ饅頭はこしあん、つぶあん、抹茶、クリーム、チョコレート、チーズ、瀬戸内レモンの7種類です。
1個90円からの販売です。パッケージも鹿のイラストが描かれていて可愛いのです。

紅葉堂弐番館
住所:広島県廿日市市宮島町512-1
お問い合わせ電話番号:0829-44-1263
営業時間:午前9時から午後17時30分 季節によって変動があります
定休日:不定休なので事前に確認してくださいね。
取扱い商品:揚げもみじ、あげもみじソフト、ドリンクセット

まとめ

宮島の紅葉狩りを楽しんだあとの帰りのフェリーは松代汽船がおススメです。

本土側のフェリーの乗り場はもみじ本陣のすぐ前になっています。

 

紅葉を探索してクタクタに疲れた足はもみじ本陣にある足湯で癒やしましよう。

場所はもみじ本陣の右手側にあります。

 

入湯料は10分間で500円となっています。

足を拭くタオルとレモネードのサービスがありますよ。

 

足湯の営業時間は午前11時から午後19時までとなっています。

宮島観光のプランに取り入れて紅葉狩りを楽しんでくださいね。

おすすめの記事