2月14日は何の日か皆さんご存知ですよね。バレンタインデー!もともと西洋で始まったこの習慣が今日では日本にすっかり浸透するようになりました。バレンタインデーはどうやって始まったの?日本のバレンタインデーと他国のバレンタインデーは同じ?と言う皆さんの疑問にお答えすべく「どう違う?日本のバレンタインデーとヨーロッパのバレンタインデー」を調べてみました。

スポンサーリンク

バレンタインデーの始まり

バレンタインデーの歴史にはいくつかの説があります。ここでは2つの説を挙げてみました。

1つ目の説

歴史家によると、2月14日のバレンタインデーの始まりは古代ローマ帝国の時代にあります。

ジュノと呼ばれるローマの神たちの女王に敬意を払う日で祝日とされていました。

ローマ人はジュノを結婚の神としても崇拝していました。

2月14日の夜は豊年祭の前夜祭でもあり、普段は一緒に行動を共にすることのない未婚の若い男女がお祭りに同時に集まることを許されました。

前夜祭では、未婚の女性たちの名前を書いたカードが瓶に入れられ、それを男性たちが順番に選んでいくという企画がありました。

こうして仮のカップル達を誕生させていきました。

男性群にとってみれば、なんとなく福引のような感覚ですよね。

それともお見合いと言ったところでしょうか?

そして2月15日のルパーカリア(豊年祭)の当日に仮のカップル達が行動を共にすることが認められました。

これがきっかけで仮のカップル達が恋に落ちて、次の年の豊年祭を待たずに結婚することも珍しくありませんでした。

この若いカップル達が今日のバレンタインデーの象徴であり、ムードメーカーになったと言われています。

2つ目の説

司教であるバレンタインが今日のバレンタインデーの本当の火付け役になったと言われています。

ローマ皇帝クラディウス2世は、戦力となる兵士が必要にもかかわらず、兵士を志願する男たちが少なかったことから、その理由は男たちが妻や家族と別離したくないと勝手に判断し、ローマ中の結婚や婚約を破棄するように促しました。

そうして男性群を兵士として確保していったわけです。

それを不合理に思った司教バレンタインは、極秘でカップル達の結婚式を行っていました。

残念なことにその善意がばれて、ローマ帝王の怒りを買ってしまった司教バレンタインは、
刑務所に入れられ、西暦27年2月14日に処刑されてしまいました。

バレンタインの死後、バレンタインに新たにSaint (サン) = 聖なるという称号が与えられました。

司教バレンタインが刑務所で生活を始めるようになると、牢番である父を訪ねてやってくる娘に心を惹かれるようになりました。

司教バレンタインが処刑される前に、牢番の娘に宛て自分の思いをつづる手紙を書き、最後に“From your Valentine”とサインをしたと言われています。

この表現がのちに恋をする人たちの間ではやるようになりました。

手紙に自分の思いを手書きで綴る。。。ソーシャルアプリケーションが世界中に浸透している今日とは全く違う愛情表現の仕方で、純粋でロマンチックですよね。

日本式のバレンタインデー

2月14日のバレンタインデーは、基本的に女性が男性に自分の気持ちをプレゼントに託してアプローチする特別な日です。

結婚している、付き合っている、未婚とステータスに関係なく女性側から男性側にアプローチします。

プレゼントと言えば、チョコレート。

チョコレートとバレンタインデーは切っても切り離せない関係ですね。

義理チョコ?本命チョコ?どちらにしても大量のチョコレートが幅広い年齢層の女性達によって購入されます。

バレンタインデーは男性群にとっても気になる日です。

もらったチョコレートの数=人気度が明らかになる日だからです。

海外に住み外国人の夫を持つ私には無縁になってしまった日本式のバレンタインデーですが、日本に行くたびにデパ地下に並んでいるアートワークともいえるチョコレートに見とれ、ため息が出ます。

それでは私が住むスウェーデンも含めて、ヨーロッパではどのようにバレンタインデーをお祝いしているのでしょう?

以下を参考にしてみてください。


スポンサーリンク

ヨーロッパ式のバレンタインデー

スウェーデン

私の住むスウェーデンではバレンタインデーを”Alla hjärtans dag” – みんなの心の日と呼んでいます。

スウェーデンでバレンタインデーをお祝いする習慣は1960年から始まりました。

文字通りバレンタインデーはみんなのためにある日です。

女性から男性へ、男性から女性へ、大好きなあの人へ、お世話になったあの方へ、人生の最愛のパートナーへ、大好きなパパやママへ、いつも優しい先生へ、ありがとうの気持ちを込めてカードを添えてプレゼントを渡す日です。

日本でいえばお中元やお歳暮を贈る感覚でしょうか?

日本のチョコレートに代わりスウェーデンのプレゼントのトップを占めるのはなんといっても花束です。

でも、義理の花束や本命花束はありません(笑)

特に深紅のバラが人気で、この日だけで4百万本以上のバラが売れるそうです。

バラの花ことばをご存知ですか?

赤い色のバラは愛や情熱、ピンク色のバラは愛や感謝を意味します。

バラに続いて人気があるのがチューリップとカーネーションと記録されています。

他にはお食事券や旅行券が好んで購入されます。

手書きのカードはプレゼントと同じくらい重視されています。

ロマンチックなメッセージや感謝の気持ちを綴り、自分の名前をサインしてプレゼントに添えて渡します。

余談ですが…

司教バレンタインが牢番の娘に手紙を書いてから月日が流れ、ハンドメイドのカードが普及するようになりました。

19世紀に入ると間もなく工場でカードが大量生産されるようになり、既成のカードがどんどん身近なものになっていきました。

我が家はあまり大げさにバレンタインデーをお祝いしません。

今年のバレンタインは水曜日なので日中は仕事があります。

ちょっと贅沢な材料で夕食を作り、家でのんびりするのが我が家流のバレンタインデーです。

ただ一つ心がけているのは、夕食を始めてから3時間は携帯電話をマナーモードに切り替えてチェックしないことです。

もちろんバレンタインのディナーの出来栄えを写真に撮ったり、写メを送ったりすることもなしです。

そうすることでお互いに向き合ってゆっくりと談話する時間ができるからです。

この時間はお金を出しても買えない最高のプレゼントです。

言い方を変えれば、お金を使わずに得られる最高のプレゼントですね。

皆さんにもぜひ試していただきたいバレンタインデーの過ごし方です。

フィンランド

スウェーデンのお隣の国フィンランドではバレンタインデーを友情の日と呼んでいます。

文字通り大好きな家族や友達と過ごす時間を重視する日です。

1960年に入ると間もなく、アメリカの映画や雑誌を通してバレンタインデーがフィンランド社会に徐々に紹介されるようになりました。

その流行に乗るように、フィンランド国内の数々のレストランがバレンタインデー・スペシャルキャンペーンをはじめると、レストランを訪れバレンタインデーを祝う人が急増しました。

現在ではバレンタインデーは外食の日とも言われるくらいになりました。

イタリア

ロマンチックなイタリア人はカップルや夫婦の間でバレンタインデーを盛大にお祝いします。

その昔には、未婚の女性がバレンタインデーの朝一番に出会う男性と一年以内に結婚するという言い伝えがありました。

結婚盛りの娘を持つ母は、娘に早起きをさせて窓辺に立たせチャンスを待つように促したそうです。

現在では花束、香水、チョコレートやキャンデー、ジュエリーをプレゼントしあうことが一般的です。

特にバレンタインデーのチョコレートにはこだわりがあり、ペルジーナ社のBaciチョコレートに人気が集まります。

これはへーゼルナッツをチョコレートでカバーしたもので、その中にロマンチックな詩の引用を4か国語で記した薄い紙が入っています。

この日、イタリア中のレストランはバレンタインを祝うカップルや夫婦でいっぱいになります。

ドイツ

ドイツでもカップルや夫婦の間でバレンタインデーを祝う習慣があります。

花束とハートの形をしたチョコレートにカードを添えて送るのが一般的な例です。

でも感謝の気持ちや絶対的な愛情を表現したいなら、相手に豚をプレゼントするようです。

豚には願望や幸運などの意味があると言われています。

豚と言っても本物の豚ではなく、豚のイラストの付いたカードや、豚のぬいぐるみ、豚の形をしたチョコレートなど豚関連グッズをプレゼントとして選びます。

その他の愛情表現として、ハート形をしたジンジャーブレッドクッキーにアイシングシュガーを使ってメッセージを書きます。

イギリス

バレンタインデーの前夜、未婚の女性が枕の上に葉っぱを置いて寝ると未来のお婿さんに夢で逢えると言われていました。

それは西暦1700年代からの言い伝えです。

その昔、イギリスのノーフォークにはジャック・バレンタインと言う伝説の人物がいて、バレンタインデーの前夜に民家を訪れ、子供たちにお菓子やプレゼントを配っていったと言われています。

この習慣は親から子供の時代に受け継がれ、今でも続いています。

なんとなくサンタクロースの発想と似ていますよね。

イギリスのバレンタインデーは主にカップルや夫婦ごとにお祝いします。

チョコレート、花束、シャンパン、レストランでのサプライズ・ディナーなどがよく選ばれるプレゼントです。

ただ面白いのは、カップルや夫婦の間でもカードにサインせず匿名で、そしてプレゼントも誰が送ったのかを明確にしない習慣があるそうです。

どう違う?日本のバレンタインデーとヨーロッパのバレンタインデーのまとめ

「どう違う?日本のバレンタインデーとヨーロッパのバレンタインデー」はいかかでしたか?

日本にもすっかり定着し、誰もが知っているバレンタインデーですが、国によって少しずつその意図とお祝いの仕方が違います。

たとえお祝いの仕方が違っても、プレゼントの内容が違っても、国や言葉が違っても、バレンタインデーのシンボルはさまざまな形のです。

せっかくのバレンタインデーだから大好きな人にアプローチしたい、あるいは大好きな人と一緒に時間を過ごしたいという思いはどの国に住んでいても同じですね。

Happy Valentine’s Day!

 

おすすめの記事