ここでは、「ハロウィンって何?」「ハロウィンとは何かをどうやって子供に説明してあげよう?」という疑問をお持ちの皆さんに少しでもハロウィンの意味を知っていただこうと、歴史や習慣に触れながらハロウィンのご紹介をしています。ハロウィンはアイルランドやスコットランドで始まった世界最古のお祭りの一つです。このお祭り、毎年10月31日に盛大に開かれます。

スポンサーリンク

ハロウィンとは?

ハロウィンの原型は「サムハイン」と呼ばれ、キリスト教が誕生する前、今から2000年以上も前にアイルランドやスコットランドのケルト人社会で始まったとされています。

ケルト人は、夏が終わりに近づくと、自分たちが生存する世界と死者の魂が住む別の世界を隔てるバリアが弱くなると信じていました。

別の世界に住むお化けや不思議な力がケルト人社会を脅かすことを恐れていたんです。
お化けや悪い魂を怖がらせてケルト人社会に寄せ付けない方法はないものか?

そこで始まったのが大きなパーティー、ハロウィンの原型となるサムハインでした。
19世紀に多くのアイルランド人がアメリカに移民し自国の文化や習慣を持ち込んだことにより、ハロウィンがアメリカ国内にあっという間に広まっていきました。

その人気は衰えるところを知らず、今日では世界多数の国で多くの人が祝うお祭りとして定着しました。

 

ハロウィンの習慣は国により違います

ハロウィン発祥の地であるアイルランドでは今日でも昔ながらの方法でハロウィンをお祝いしています。

夕方になると大規模なたき火(ボンファイアー)をし、子供たちはハロウィン仮装をし「Trick or treat! - いたずら?それともお菓子?」と大きな声でご近所を練り歩き、お菓子を集めて回ります。

子供達が帰ってくるのを待ってハロウィンパーティーが始まります。

ハロウィンパーティーでは家族や友人が集まりいろいろなゲームを楽しむことが習慣です。

 

そのゲームは、例えばスナップアップルと呼ばれています。

  • 木から糸でつるされたリンゴを食べる競争
  • キャンデーやお菓子を隠して子供たちが探す
  • トランプをテーブルの上に並べてその下にお菓子やお金を隠し、子供たちにトランプを選ばせて隠されているものを当てる

そんな子供たちが楽しめる色々なゲームがあります。

ハロウィンパーティーには特別なケーキが用意され、注目されます。

何が特別かと言うと、実はこのケーキの中にはガーゼで包まれた未来を予告する物が隠されているんです。

一例として、指輪の形をした輪のようなものや、わらの一部が挙げられます。

選んだケーキから輪が出てきた人には近い将来ウエディングベルが鳴るといわれ、わらが出てきた人には幸運に恵まれた一年がやってくると言われています。

なんとなくフォーチュンクッキーのコンセプトに似ていますよね。

※フォーチュンクッキーとは?

その中に運勢が表記されている紙片(おみくじ)が入っている菓子である。アメリカ合衆国・カナダの中華料理店において食後に提供されることが多い。中国本土では見られなかった習慣であることから、日本の江戸時代の菓子が移民によってアメリカに持ち込まれたとする説が有力だが、第二次大戦時の強制収容によって日系移民の店が姿を消したことから、中国人経営の店で引き継がれ、アメリカ全土に広まったため、アメリカ文化のひとつと言える。

子供達に「ハロウィンって何?」と尋ねると必ず「楽しいお祭りだよ!」と答えが返ってくるはずです。

本当に楽しそうですよね。

 

 

世界各国のハロウィンの祝い方のいろいろ

ひと口にハロウィンと言っても、国によってそのお祝いの仕方は違ってきます。

日本ではハロウィンというとアメリカのお祭りという要素だけが取り込まれて盛り上がっていますね。

もともと仮装についてもコスプレという文化もあったことからより広がりやすい土壌はあったとも言えます。

ここでは日本以外のいくつかの国のハロウィンについて見てみましょう。

オーストリア

オーストリアではハロウィンの夜の就寝前にテーブルの上にランプをともしパンと水を置いておきます。これには地上に 戻ってくる既に他界した家族の魂をもてなす意味が込められています。

ベルギー

ベルギーでは夕方になるとキャンドルを灯す習慣があります。これには他界している家族や親せきの人たちを敬う意味が込められています。

ドイツ

ドイツではハロウィンの夜が来る前に家中にあるナイフを集めて隠します。これには地上に降りてくる他界している家族の魂を怯えさせたり、けがを負わせたりするのを防ぐという意味が込められています。

チェコスロバキア

チェコスロバキアではたき火のそばに、生存する家族の人数分の椅子と他界してしまった家族の人数分の椅子を並べて用意します。

メキシコ

メキシコやラテンアメリカでは10月31日の夜からハロウィンを祝うお祭りが始まり11月2日までそのお祭りが続きます。

それぞれの家に祭壇を設け、お菓子、花、水、そして他界している家族のメンバーの大好物だったお料理の品々や飲み物を写真とともに備えます。

人々は骸骨のキャラクターの仮装をしてダンスをしながらパレードに参加します。

生きた人間が入った棺が用意されパレードに加わります。露店商人らが棺の中にフルーツ、花、お菓子などを投げ込むのが習慣です。


スポンサーリンク

ハロウィンのテーマカラーは何を意味するの?

ハロウィンのテーマカラーに意味が込められているのをご存知でしたか?

ハロウィン定番のオレンジ色、黒、茶色そして金色には以下のような意味があるんです。

  • オレンジ色は生命力と忍耐力の象徴
  • 黒は死や暗黒の世界
  • 茶色と金色は収穫と秋

 

 

まとめ

日本にもすっかり定着したハロウィンの歴史や習慣に触れながらハロウィンを紹介してみました。

ハロウィンってそもそも何?と思われていた皆さんのお役に立ちましたか?

ハロウィンとは何かを把握して子供に説明する機会をぜひ設けてみてください。

きっと子供たちはハロウィンを心待ちにしていることと思います。

家族やお友達と楽しく安全なハロウィンをお過ごしください。

おすすめの記事