ハロウィンのかぼちゃの名前と由来って知っていますか?

ハロウィンが近づくと仮装して街を練り歩く人が現れます。

最近では、ハロウィンはクリスマスに匹敵するほどに浸透してきたイベントと言えるでしょう。

ところでハロウィンといえば、かぼちゃを怖い顔のようにくり抜いて飾るのが定番ですよね。

そのかぼちゃの名前や由来について知っていますか?

ハロウィンをより楽しむためにも、ハロウィンとかぼちゃの関係について調べてみましょう。

スポンサーリンク

ハロウィンの由来とは?

 

ハロウィンの起源は、ヨーロッパのケルト人の収穫祭だと言われています。

当時、ケルト人は11月1日が新年を迎える日としており、その前夜、つまり10月31日は『All Hallow’s Eve』と言って、その年の収穫を祝い悪魔を追い払うイベントが行われていました。

そのときに、魔除けの焚き火を行ったり、仮面をつけたり仮装をしたりしていたのが今のハロウィンのもとになっているということです。

 

当時のケルト人は、カブをくり抜いてランタンを作っていました。

怖い顔に見えるようくり抜くのは、悪魔を追い払うためだったといえます。

日本で言うとお盆のような考え方なので、それと併せてお子様に教えてあげるとわかりやすそうですね。

 

そして、この文化がヨーロッパからアメリカに伝わった時、アメリカではかぼちゃの方が馴染み深く、多く収穫されていたことから、かぼちゃをくり抜いてランタンを作る文化が広まっていきました。

今の日本では、このアメリカ式のカボチャのランタンが主流となっていますが、ケルト人のいたスコットランドでは今でもカブをくり抜いてハロウィンを楽しんでいるそうです。

昔は宗教的な理由や魔除けの意味を込めてハロウィンのイベントを行っていましたが、今ではどの国でも楽しいイベントとして浸透しています。

 

昔、ハロウィンの時期にアメリカに旅行に行った時は、ことあるごとにかぼちゃのランタンがおいてあったり、怖い魔女の人形がおいてあったりして、本場のハロウィンに驚いたのを覚えています。

 

ちなみに、ハロウィンでよく使われるオレンジのかぼちゃはグリーンのかぼちゃに比べて甘味が少ないため、アメリカでも食用としては使われていないそうです。

オレンジ色のカボチャはオモチャカボチャが多く売られていますね。

このカボチャは食用ではないので八百屋さんよりも花屋さんで売ってることが多いですね。

 

トリックアトリートって何?

ハロウィンといえば、Trick or treat!(トリックアトリート)と言って子どもたちがお菓子をもらいにやってくるというのも有名です。

このTrick or treat!というのは、お菓子をくれないといたずらするぞ!というような意味。

 

これは、当時の風習で、死者にお供え物をささげていたことや、貧困層が食料をもらうために近所を回っていたことが由来とされています。

 


スポンサーリンク

かぼちゃの名前と由来は?

 

ハロウィンで使われる顔のようにくり抜いたかぼちゃをなんと呼ぶかご存知ですか?

答えは『ジャック・オー・ランタン』。

訳すと、ランタンを持ったジャックとなります。

これには、ジャックという男の伝説が関係していたのです。

 

ジャックという男の伝説

 

昔、アイルランドに酒好きで乱暴なジャックという男がいました。

ハロウィンの日、彼が酒場でお酒を飲んでいると、そこに悪魔がやってきました。

お金のなかったジャックは、悪魔に酒代を貸してくれるよう頼み、最後にその酒を飲んだら悪魔に魂をあげると約束したのです。

 

すると、悪魔はコインに変身したのですが、ずる賢いジャックは十字架でコインを押さえつけ、悪魔を財布の中に閉じ込めてしまいました。

困った悪魔は、この先10年間はジャックの魂を取らないことを条件に開放してもらいました。

 

そして10年後、ジャックは再びその悪魔に出会います。

悪魔は次こそジャックの魂を奪おうとしますが、ジャックは最後に木の上のりんごを取ってほしいと悪魔にお願いします。

悪魔はジャックの最後の頼みを聞いてあげようと木に登りりんごを取りますが、その間にジャックは木に十字架を刻み込み、悪魔が木から降りられないようにしてしまいました。

二度も騙されてしまい途方に暮れた悪魔は、二度と彼の魂をとらないと約束して去っていきました。

 

そして月日は流れ、ジャックの寿命がやってきました。

生前に悪いことばかりしていたジャックは天国に行くことが出来ませんでした。

仕方なく地獄へ行くジャックですが、そこには例の悪魔が立っていたのです。

悪魔は、彼の魂を取らないと約束したと言って、ジャックを地獄の門から追い払ってしまいました。

 

天国にも地獄にもいけなかったジャックは、近くにあったカブをくり抜いてランタンに灯し、今でもこの世とあの世をさまよい続けていると言います。

 

 

このような伝説から、ランタンを持ったジャックは悪魔を追い払う魔除けの効果があると言われています。

そのため、くり抜いたかぼちゃのランタンは『ジャック・オー・ランタン』と呼ばれるようになりました。

 

 

おわりに

 

日本では、年々大きく取り上げられるようになっているハロウィン。

仮装したり、かぼちゃで顔を作ったりして楽しむことはもちろんですが、このようにハロウィンの由来を調べて、お子様や周りの人に教えてあげると、より一層楽しいイベントになるのではないでしょうか。

 

 

おすすめの記事