楽しみながらお子さんに英語を覚えてもらう機会があれば最高ですよね。一緒にハロウィン仮装の準備をしたりハロウィンパーティーの用意をしながら、実際にそこで使われる色、形、数、そして素材、等々を英語で覚えてもらいましょう。教科書がなくてもいいんです。だからハロウィンとは楽しみながら英語が学べるありがたい行事でもあるんです。

 

スポンサーリンク

ハロウィンに関連した英語の単語いろいろ

ハロウィンが近づいてくると、西洋の幼稚園や小学校ではハロウィンのキーワードをもとにクロスワード、クイズ、ぬり絵や工作などを課題にして子供たちに与えます。

授業時間中にみんなで与えられた課題に取り組んだり、ゲームをしたり、宿題として出したりします。

その他にも、ハロウィンに関する詩や物語を読んだり、歌を歌ったりするアクティビティが用意されます。

そうなんです!

みんなで楽しみながら国語力(英語力)を上げるという意図が含まれているんです。

それではよく使われるハロウィンのキーワードを英単語にしてリストを作ってみましょう

• bat  コウモリ
• black  黒
• blood  血
• bone  骨
• broom  ほうき
• candy  キャンデー
• cat  猫
• coffin  棺
• costumes  衣装
• creepy  気味の悪い
• doorbell  ドアの呼び鈴
• flashlight  懐中電灯
• ghost  お化け
• graveyard  墓地
• Halloween  ハロウィン
• monster  怪物
• mummy  ミイラ
• orange  オレンジ、オレンジ色
• owl  フクロウ
• pumpkin かぼちゃ
• skelton  がいこつ
• spider  クモ
• treat  ご馳走(名詞)おごる(動詞)
• trick  いたずら(名詞)だます(動詞)
• web  網、巣
• witch  魔女
• yellow  黄色

 

上の英単語が答えになるクイズを出してみましょう

 

1. ドアをノックする代わりに使うものは? ( doorbell )

2. ハロウィンの夜にこれを身にまといます。 ( costumes )

3. 吸血鬼はこれを好みます。 ( blood )

4. 吸血鬼はベッドの代わりにここで寝ます。 ( coffin )

5. 魔女が必ず持っているものは? ( broom )

6. カボチャと落ち葉の色は何色? ( orange/yellow )

7. ここで肝試しをしたらとっても怖い。 ( graveyard )

8. 私たちの体にはこれが必ずあります。 ( bone )

9. 足が八本ある虫は何。 ( spider )

10. この日は大人も子供も仮装やパーティーをして楽しみます。( Halloween )

11. 夜行性で森に住み、頭を270度回転させることができます。( owl )

12. 暗いときにこれが役に立ちます。            ( flashlight )

13. 魔法を使い人々を困らせます。             ( witch )

 

リストの英単語を覚えていれば、上のクイズに簡単に答えられますよね。

 

ハロウィンのキーワードを説明してあげましょう

 

「witch」は魔法や妖術を使い、普段は女の姿をしていますが色々なものに姿を変えて人間社会に入り込み災いをもたらすと言われていました。

「魔女たち」は4月30日とハロウィンの日である10月31日の年に2回、ホウキに乗ってやってきて集まり、デビルが開催するパーティーに参加したとも言い伝えられています。

洋服を裏返しに着て後ろ向きに歩くとハロウィンの夜中に「魔女」に会えという迷信もあるんです。

 

「black cat」は中世のヨーロッパでは、魔女が「黒猫」に姿を変えて人々に近づき人間社会に混乱を引き起こすと信じられていました。

そこで「黒猫」は縁起が悪いと言われています。

 

「spider 」は幸運のしるしです。

ハロウィンに見る「クモ」は、すでに他界している家族のメンバーで、あなたを災害や悪運から守っていると言われています。

 

「Halloween costumes」古代のケルト人社会では、人間がお化けに「仮装」しマスクをつけることで悪霊に見破られずに安全なサムハイン(ハロウィンの原型)を過ごせると信じていました。

 

「candy」はケルト人社会が悪霊の怒りを買わないようにお供えの意味で用意しました。

 

「pumpkin」はハロウィンのデコレーションとして中をくりぬいてキャンドルを灯すために使われます。

その昔には「カボチャ」の代わりにターニップ(カブ)が使われていました。

「カボチャ」の中に燃えているキャンドルは、地獄に閉じ込められた魂の象徴だと言われています。

「カボチャ」は90%が水分です。

そして「カボチャ」はフルーツであるということをご存知でしたか?

 

スポンサーリンク

 

ハロウィンに関する英語の絵本を購入する

お子さんと一緒に英語を勉強する良い機会かもしれません。

ここでは、私の娘も小さい頃に愛読した1冊の子どもの本を紹介します。

Funnybones というタイトルで著者はJanet AhlbergとAllan Ahlberg、ちょうど読み書きを始めた子供に適しています。

骸骨のお話なのにちっとも怖くない、むしろ滑稽なストーリーで、こんな風に始まります。

This is how the story begins.
On a dark, dark hill
there was a dark, dark town.
In the dark, dark street
there was a dark, dark house.
In the dark, dark house there was a dark, dark…

 

昼と夜が逆の生活をして、人が寝静まったころに起きだして外に遊びに出かける人間の骸骨と犬の骸骨のお話です。

お話を通して、人間の体を支える骨の役目や名称を学べる機会でもあります。

お子さんへのハロウィンのプレゼントにするのはいかがでしょう?

アマゾンジャパンから Funnybones のペーパーバックが1000円前後で購入できます。

ハロウィンのお部屋のインテリアの一部としても活用できそうですね。

 

まとめ

ここでは、ハロウィンのキーワードをもとに英単語をリストアップしてみました。

覚えた英単語をクイズ形式で確認したり、キーワードの情報を補ったりすることで、お子さんの興味がさらに深まっていくのではないかと思います。

これはハロウィンだけに限らず、クリスマスであったり、お盆であったり、色々なイベントを利用してできる勉強法ですね。

そうなんです!

ハロウィンとは楽しみながら英語も学べるありがたい行事なんです。

 

 

 

おすすめの記事