<NASA提供画像>

2018年10月18日あの日本の大怪獣ゴジラが星座として認定されたとのこと。

もちろん日本の怪獣が星座の名前に認定されたのは初めて!

となれば気になるのはこのゴジラ座はどの方角でいつごろ見られるのか?ですよね。

この記事ではゴジラ座はどの方角でいつ頃見られるのか?日本でも見られるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

ゴジラがNASAにより星座に認定!

2018年10月18日ニュースを見ていたらこんな話があってビックリです。

なんとあのゴジラが米航空宇宙局(NASA)と世界の研究機関からなる“フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡”研究チームから星座として認定されたというではないですか。

もちろん日本の怪獣として星座に認定されたのは初めて。

ゴジラが選ばれた理由がブラックホールなどの周囲で発生している「ガンマ線バースト」現象がゴジラの放射能と似ているからという理由のようです。

今回登録された変わった星座

今回認定されたゴジラ座の周辺にはスタートレックに登場する「スターシップエンタープライズ号」や「富士山座」もあります。

ハルク座やエッフェル塔座、星の王子様座、ゴールデンゲートブリッジ座、コロシアム座などの星座も存在することが確認できます。

興味がある人は下記のURLから確認してみましょう。

スポンサーリンク

Fermi's Gamma-ray Constellations

ゴジラ座が見える方角や季節はいつ頃?

ゴジラが星座になったと言えば気になるのは日本から観ることができるのか?

観られるなら方角や季節は?

気になるところですよね。

今回のゴジラがどのように認定されたのかについて以下の発表があります。

今回「ゴジラ」が認定されたのは、フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡を搭載した観測衛星の打ち上げ10周年と、人間の肉眼で見える星の数に匹敵する3000以上の天体を発見したことを記念して新たに作成された「ガンマ線天体を線で結んだ22星座」となるらしい。

ここで注目したいのは「ガンマ線天体」ということ。

 

ガンマ線天体とはガンマ線を放射する天体ということで一般的な天体ではないんですね。

また、一般的な星座である「オリオン座」「カシオペヤ座」など、 一般的に知られている88の星座を定義しているのは、 別組織である国際天文学連合(IAU)なのでこれまた微妙なところです。

ゴジラ座はガンマ線を放出する天体を繋いだものなんです。

そしてガンマ線を放出する天体を肉眼で確認することはできないんです。

だから残念ながら季節や時期によってゴジラ座を見ることができるかというとできないんですね。

ゴジラ座が見える方角や季節についてまとめ

うーん残念。

残念ながらゴジラ座を肉眼でみることはできないのであきらめるしかないですね。

でもゴジラ座が有名になればプラネタリウムでゴジラ座の見える方角や位置を紹介してくれる可能性もありますね。

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事