毎年おせち料理の通販での売り上げが増してきているそうです。
それに伴い冷凍冷蔵の違い?どっちを選ぶか迷う人も増してきています。
その冷凍か冷蔵のおせち料理には迷う理由があるのです。
おせち料理の通販で冷凍冷蔵の違い?安心で安全でお得なのか?
早速どっちを選ぶか?検証しご提案もします!

 

おせち料理の通販で冷蔵ってどんなもの?

最近では365日スーパーも営業していてますからおせち料理も新鮮な材料で手間ひまかけずに食べたいものだけを重箱も和にこだわらず素敵なお皿とかに並べるのもありかと思います。

でも一日ぐらいは何もしたくないですよね。一日?三日ぐらいかもね(笑)

それを見据えて予約注文するわけですが、年末は忙しいしスーパーやデパートでゆっくり迷っている時間が無い。

そんな時は通販です。自分の時間(早朝でも夜中でも)に選べます。

 

通販のおせち料理冷蔵タイプだと手間がかかりません。

綺麗に盛り付けられていて到着後すぐに食べることが出来ます。

でも日持ちはしないんです、到着後2日程度。

防腐剤など使用していないものが最近は多いですから少し味付けは濃い目です。

 

高級料亭などとコラボしているものは値段が高い。

一流料亭などが直接販売しているものや食品メーカーとコラボしているものは食材や味付けは一流であるが値段もかなり高額になります。

 

大手食品工場生産のものはお手軽価格のものも多いが味付けが濃い目。

最近では食品添加物や防腐剤を使用していなものも多いですが味付けは食品劣化防止のため濃い目になります。

 

おせち料理を一から何種類も作るのなんて無理!!

棒鱈(ぼうたら)なんて何?作り方なんて知らない。

黒豆って何気なしに食べているけれど程よい硬さ、フンワリしわなく煮詰める!

無理無理~~~ってのが現状ではないでしょうか。

材料費も一からだとかなり割高になります。

ちなみに棒鱈だと一本7000円ぐらいです。

しかも水から、そして味付けして煮詰めるまでおそらく一週間ぐらいかかります。

食材費、水道光熱費、人件費w?を考えると

通販おせちを買うのが絶対お得!

 

 

おせち料理の通販で冷凍ってどんなもの?

にわかに人気がでてきているのが冷凍おせちです。

冷凍冷蔵庫も年々良くなってきています。

数十年前には冷蔵スペースが大きくて

冷凍スペースの方が小さかった記憶があります。

今は逆ではないでしょうか。

それだけ冷凍食品の品質が良くなってきている証拠ですね。

では冷凍おせちってホントに大丈夫?

 

冷凍おせちはかなり良いと思います。

商品の到着時間、日にちを気にしなくて良い。

冷凍ですから食べる前日まで冷凍保存で問題なし。

前日から冷蔵庫で自然解凍で品質劣化はほとんどない。

 

野菜類や根菜類は解凍すると冷蔵とは味に違いがでてきますね。

肉類、魚介類は冷蔵と品質は変わらないけど野菜や根菜類は冷凍には向いていないからその分食感とかが変わってきます。

 

冷凍おせちを購入するなら食品メーカーのものが良い。

食品工場ではの冷凍技術は最高レベル。

急速冷凍で品質が保たれている。

設備がしっかり整っているメーカーほど良い。

衛星管理、品質管理のレベルは高い。

 

量が多くなると家庭用冷凍庫の容量の大きいものが必要。

(おせち一式が入るだけの冷凍庫にスペースが必要なので)


スポンサーリンク

 

おせち料理の通販ではどっちを選ぶべき?

冷蔵タイプと冷凍タイプの比較をしてみましたがじゃあどちらが良いの?ってことになりますよね。

 

真空パック入りおせちの保存期間は冷蔵では一週間程度。

それに真空パック入りのものは開けると日持ちはしません。

お重とかお皿に綺麗に盛り付ける必要があります。

冷凍おせちでは2ヶ月程度保存が効きますが解凍してしまうと日持ちしません。

再冷凍も味が落ちるのでオススメはできませんね。

 

結論から言うと

家族構成や予算、和、洋、中?

冷蔵と冷凍ではメリット、デメリットはどちらにもあります。

 

それぞれの状況、環境で決めるしかないのですが一つ提案があります。

じつは冷蔵タイプでも冷凍タイプでも共通の部分を購入することが可能なんです。

人数分に合ったサイズが選べるんですね。

家族構成によって2人でも4人でも選べます。

 

こうすることで和、洋、中などの目先が違うものも選べる。

おせち料理は「和」のものが多く昔ながらの縁起を担いだり、おめでたいものが多いですがゴージャスという面からは洋食や中華も選べます。

  • 料亭とコラボしているメーカーから量が少なめの値段が手ごろな冷蔵タイプ。
  • 洋食や中華の冷凍タイプで食べたい時に食べたいものを解凍。
  • 和の冷凍で商品別にいるものだけを購入。

こんな風に通販のおせちは食品メーカーだと選択肢が多いので自分好みの組み合わせが出来ます。

 

これらを組み合わせるとかなりゴージャスなおせち料理が出来あがります。

しかも盛り付け程度の手間ですから一日ぐらいはゆっくり出来ると思います。

 

おせち料理は冷たいから作らないとか買わないなんて人も最近ではおられますね。

それも時代に合った考え方かも知れません。

冒頭でも書きましたが365日スーパーなどは開いています。

わざわざ冬に冷たい料理を大量に食べなくてもイイじゃんw

 

だからこそですがおせち料理を通じて

なぜ、黒豆を食べるのか?

なぜ、数の子を食べるのか?

なぜ、海老を食べるのか?

おせち料理と焼肉が共存しても良いのではないでしょうか?

家族でその「なぜ」について話すのも良い機会だと思います。

 

※黒豆、数の子、海老をおせち料理に入れる意味

豆 =まめにしわがよるまで長生き出来ますように。髪も黒々など言われています。

数の子=魚卵→卵の数が多い→子孫繁栄と言われています。

海老 =長寿ですね。腰が曲がっても長生きできますようになど言われています。

 

おせち料理の通販で冷凍と冷蔵の違いまとめ

節句の料理と言ってもおせち料理は年に一度のお正月の料理ですね。

毎日行う行動で食事はとても重要です。

年の初めの願いを込めたおせち料理でもあります。

美味しい、このおせち料理で良かったと思えると嬉しくなるし頑張るぞ!となります。

忙しい日々ですがおせち料理のことを頭に入れておくと早めの準備が出きます。

つまり良いお正月が迎えられると言うことになるでしょう。

 

おすすめの記事