おせち料理を一般的な種類の具材を並べて作ると予算としてはいくらくらいかかるもの?
あれやこれやと忙しい年末に用意しなければいけないしお金かけたくないですよね。
でも年の最初の食事ということで豪華にはしておきたい気もします。
そんなおせち料理ですが一般的な種類を詰め込むといくらくらいかかるのかまとめてみました。

スポンサーリンク

おせち料理の種類と由来について

おせち料理にはたくさんの種類があり地方によって種類が異なります。

また、全国的にコレとかこれじゃないといけないというものでもなかったりします。

この記事では一般的な関東や関西のおせち料理の種類をもとに書いています。

うちの実家のおせちにはこれが入っているとかこんなの入れていないよっていうのはここでは無しです。

あくまで目安ですからね。

 

かまぼこの意味

おせち料理といえばかまぼが欠かせませんね。
色は紅白で2種類交互に並べるのがお約束。

蒲鉾は「日の出」を象徴するものとして、元旦にはなくてはならない料理。紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。

栗きんとんの意味

子供が好きなおせちと言えば栗きんとん
とっても甘くて金色がキレイですね。

豊かさと勝負運を願って
黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。

伊達巻きの意味

伊達巻きも比較的子供に人気のおせちの1つ
私も好きな料理の1つですね。
卵と魚のすり身で作るので実はかまぼこに近い食べ物だったりするんですよね。
「伊達」とついてますが伊達政宗は関係ないんですよ。

江戸時代、長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」が、伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので伊達巻と呼ばれるようになったようです。また、昔は大事な文書や絵は巻物にしていたので、おせち料理には巻いた料理が多くあります。

田作りの意味

小さな小魚を醤油、さとう、みりんなどで煮付けた魚。
小さくともお頭付きということで縁起の良い料理になります。
タイを入れないおせちでは欠かせない魚料理の1つですね。

五穀豊穣を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。片口鰯の小魚(ごまめ)を使った田作りは、関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品です。

黒豆の意味

黒豆も甘くておいしい料理の1つ。
焦がさずにふっくら煮るのが意外に大変で時間もかかるんですよね。
それで砂糖を相当いれないと十分な甘味がでないので作っている人間からすると食べにくい一品ではないでしょうか?

「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。

数の子の意味

おせちの中でも比較的高価な部類に入る一品ですね。
数の子は自宅で作るわけにもいかないのでお店で購入することになるんですけど、年末になると高級品ばかり並んでるんですよね
意外とおせちの値段を釣り上げている一品。

子宝と子孫繁栄を祈る
数の子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいと、古くからおせちに使われました。正月らしい一品です。

きんぴらごぼうの意味

きんぴらごぼうといってもゴボウと人参でつくるのではなく細いゴボウをそのまま使う作り方。
細く長いゴボウを使いますがなかなか火が通らないので作るのは意外と大変ですよね。

細く長く幸せに
細く長く地中にしっかり根を張るごぼうは縁起のよい食材として様々に使われています。たたきごぼうは、軟らかく煮たごぼうを叩き、身を開いて、開運の縁起をかついだもの。ごぼうの産地である八幡の名をとった、牛肉の八幡巻、穴子の八幡巻も正月らしい巻もの料理です。宮中で正月に配られる花びら餅の芯にも、ごぼうが用いられ、大切に扱われているのです。

なますの意味

大根と人参の細切りというか千切りにした酢の物。
子供が意外と苦手だったりします。
酸っぱいですからね。
しかも大根と人参で生で食べるのでうちでは評判のいまいちな一品です。

紅白でおめでたいさっぱり料理
生の魚介と大根、にんじんと酢で作ったことから、なますの名がつけられました。今は生の魚介の代わりに、干柿や昆布、ゆずの千切りも用いられます。

昆布巻きの意味

昆布って売ってるときはかなり大きかったりするし乾燥状態から戻すのに結構時間かかるんですよね。
柔らかく煮るにもコツが必要だし。
一品あればご飯のお供としても十分な味付けになってますね。

日本料理の必需品、昆布で健康長寿を昆布は「喜ぶ」の言葉にかけて、正月の鏡飾りにも用いられている一家発展の縁起ものです。おせち料理には、煮しめの結び昆布、昆布巻となかなかの活躍です。

鯛や鰤などの焼き魚の意味

おせち料理に鯛(タイ)が入って入っているのは関西が中心なんですよね
じつは関東ではあまり入っていなかったりします。
関東では鰤(ブリ)の塩焼きや照り焼きが入っています。
私は照り焼き派です。

「めでたい」の「たい」が「鯛」に通じることは有名ですが、赤色や姿が美しく、魚は一般的に短命にあるにもかかわらず、マダイは、40年も生きる長命のものもあるそうです。

海老の意味

エビはおせちによって小エビだったり車エビだったりしますね。
小エビだと楊枝に数匹くし刺しにして煮つけたもの。
車エビであれば単純に茹でたものですね。
車エビの年末になると高い一品なので何匹を用意しにくかったりします。

長生きの象徴
えびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。おせち料理には、小えびを串で止めた鬼がら焼がよく用いられます。

筑前煮の意味

主に根菜類で作られる煮物ですね。
家で作ると大量に出来ちゃって意外と余らせてしまう一品の1つ。
実は含まれる食材1つ1つに意味があったりします。

里芋:親芋にたくさんの小芋が付くことから子宝に恵まれますようにという願いが込められています。

くわい:最初に大きな芽が出ることから「めでたい」にかけて、出世(芽が出る)を願った食べ物です。
黄色に色づけ(クチナシで着色)することで財を表し、お金や豊かさを祈願します。

陣笠椎茸(椎茸):椎茸の笠を陣笠に見立てたものです。神様へのお供えとして珍重されていた椎茸は、元気、壮健への願いが込められています。

楯豆腐(豆腐):煮含めた高野豆腐に焼き目をつけて楯に見立て家が守られるように。という祈りを込めたものです。

手綱こんにゃく:こんにゃくを手綱に見立てたもので手綱を締めて心を引き締め、己を厳しく戒め戦いに備える心を養うということを意味しています。

たけのこ:たけのこは成長が早いので、子供がすくすく育つように願ったり、天に向かって伸びるので、立身出世を願ったその成長する様子を家の繁栄にたとえたなど、様々な説があります。

 


スポンサーリンク

おせち料理の準備にかかる予算について

じゃあこれらのおせち料理の品物を購入するとどれくらいかかるのか?

年末になるとスーパーの棚は高級品に入れ替わるので普段の価格よりも何割か高くなるんですよね。

そんなことも踏まえていくらくらいになるのかざっくり見てみましょう。

  • かまぼこ 1本1000円×2本(紅白)
  • 栗きんとん 300g 1000円
  • 伊達巻き 1本 800円
  • 田作り 1パック 300円
  • 黒豆 1ビン1000円
  • 数の子 1パック 1500円
  • きんぴらごぼう 1パック300円
  • なます 1パック300円
  • 鯛 3000円
  • 海老 10匹3000円
  • 筑前煮 1パック 500円

 

ざっくり計算でしかもお正月価格ですしもっと高いものもありますよね。

タイとか数の子、車エビが特に値段をあげてくれる一品です。

上に並べた値段でもすでに13000円を超えています。

ここにカニも食べたいとかいうとさらにお値段アップ。

 

筑前煮は材料を自分で購入すると高くついたり最低限パックで購入すると物足りないし。

かまぼこも2本購入しますが意外と半分でよかったりするんですよね。

栗きんとんも全部栗だと高くつくので餡の部分はサツマイモで作ったりしています。

黒豆も高級品になると500gで1000円を超えてくるので自分で作るにも結構なお値段です。

それでも材料費は意外とするし。

安く抑えようとすると品数を減らすとか高価な食材を減らすしかなくなってくるんですよね。

これだけお金がかかるなら詰める手間もあるのでいっそ通販をしてしまっても。。。。

 

 

おせち料理を通販で購入するといくらくらい

スーパーでおせち料理をバラで購入して詰めるだけでも13000円を超えているということがわかりました。

さらに年末の忙しい時におせち料理を作る手間は相当なものですよね。

じゃあ、最近話題にあがるおせち料理の通販はいくらくらいなんでしょうか?

 

ネットでのおせち料理通販大手の匠本舗さんを見てみましょう。

実はおせち料理には早割というものがあるのでだいたい10月いっぱいの内に予約すると安くなるんですよね。

しかもだいたい3割くらい安くなったりします。

早く予約することで早く準備もできるし、利益を確定できるので安くしてるんですよね。

まだ10月だからって言っていると売り切れますw(10月の初旬から売り切れはでてきています)

10月までに安くなっている期間で3~4人前

16000円~25000円くらいします。

ちなみに具材は40種類以上。

家で作るとこれだけの種類を用意することは難しいですよね。

通販の強みはこの種類の多さでしょうか?

家で作ると結構な時間と日数がかかるしお金もかかります。

自分で作ると13000円で買うと20000円、安いところなら16000円。

意外に安いのでビックリです。

作るのにかかる時間を差額で買うようなイメージになる感じでしょうか?

 



おせち料理の通販って大丈夫なの?

インターネット通販って値段が見えないので心配ですよね。

しかも数年前には写真と違いすぎるおせちが販売されてネットやテレビで話題になりました。

そんなニュースを聞いてしまうと尻込みしてしまいます。

でもあんなニュースは一部の業者の話で毎年ちゃんとしたものを販売している業者も多数あります。

だから心配のしすぎはよくないですよ。

 

最近は地域に特化させたような「特産品」を詰め合わせたような「おせち」も最近は人気です。

北海道のおせちなら海産物が多く入っていたり、山の幸を中心にすると和牛が入っていたりですね。

デパートでも販売されていますがデパートで作るわけではないので中間マージンが入り高めの値段になっていることが多いです。

だからどうせ買うなら直接ネット通販を利用したほうがお得なんですよね。

 

この記事で参考にさせてもらったのは「匠本舗」さん

匠本舗さんのホームページはこちらをクリック


お客様満足度100%を目指しているだけあっておせち通販の中ではトップクラスの満足度を誇ります。

日本各地の料亭プロデュースのおせちを販売しているのが特徴ですね。

もちろん合成保存料や着色料さらには中国産を使っていないと宣言してるくらい。

写真を見るとどのお店のおせちも豪華で見た目も美しい。

しかも冷凍ではなく冷蔵で届けられる上に重箱にはいったまま届くのでそのまま食卓に並べられます。

わたしのオススメショップの1つですね。

 

 

おせち料理の種類と予算まとめ

おせち料理って本来は年末に作ってお正月はゆっくりしましょうっていうための食べ物でした。

3日間分を事前に作っておくという考え方ですね。

むかしは正月にはお店も休みのところが多く買い物するのも大変な時代がありました。

とくに1月1日に開いているお店は少なかったですね。

でも今は1日から遅くても2日から開いているスーパーが増えたのでおせち料理で作り置きという必要性も減ってきました。

だからこそ少量でも豪華な料亭のおせちを購入する人も増えているのかもしれませんね。

 

おすすめの記事