日本では、古くから元旦におせち料理を食べる習慣があります。

子供にとっては馴染みのない食材で毛嫌いされがちですが、よくおせち料理には一つ一つ意味があると言われ、親から食べさせられたものです。

皆さんは、そんなおせち料理の由来や意味をしっかりと説明できますか?

おせち料理について理解して、新年に備えましょう。

 

おせち料理の由来とは?

 

おせち料理は、漢字で『御節料理』と書きます。

この『節』というのは節日(せちにち)を指し、一般的に五節句と言われ、季節の変わり目の祝い日でした。

節日には、神様にお供えする節供料理を用意し、作物の収穫を感謝していました。

 

中国から節句の行事を取り入れた平安時代には、宮中行事で節会(せちえ)という宴が執り行われ、御節供(おせちく)が神様に供えられていました。

それが略されておせちとなったのが、おせち料理の起源と言えます。

 

江戸時代になると、この文化が庶民にまで伝わり、広く全国的に食べられるようになりました。

節日の中でも、1月1日は新年を祝う最もめでたい日とされ、その日におせち料理を食べる習慣が根付いていったのです。

 

重箱の詰め方と意味

 

おせち料理は、神様への供え物であり、新たな年の五穀豊穣や一家安泰を願った家庭料理といえます。

 

一つ一つにきちんと縁起の良い意味があり、料理を重箱に詰めることにも理由があります。

重箱には、『福を重ねる』『めでたさが重なる』という意味合いが含まれており、保存しやすいことやお客様に振る舞いやすいことが重箱に詰める理由とされています。

 

本来、正式な重箱は4段にする必要がありますが、時代の流れで現在では3段で詰める場合がほとんどです。

ちなみに、表記としては『四段』では縁起が悪いため、『与段』と書きます。

 

それでは、与段と三段の場合に分け、お重の詰め方を見ていきましょう。

 

与段の場合

 

まず、一の重。一の重は、一番上の段で、正月の祝に欠かせない祝い肴を詰めます。特に黒豆・数の子・田作りを三つ肴といい、おせち料理には欠かせない物となっています。

続いて、二の重では、口取りといい、栗きんとんや蒲鉾など、甘いものを中心に詰めます。

そして三の重には、海の幸などの焼き物を詰め、与の重には山の幸などの煮物を詰めるしきたりとなっています。

 

三段の場合

 

一の重では、与段の場合の一の重と二の重を併せたもの、すなわち祝い肴と口取りを詰めます。

二の重では、酢だこなどの酢の物と海の幸を使った焼き物を詰めます。

スポンサーリンク

最後に三の重では、山の幸を中心に煮物を詰めます。これには、家族が仲良く結ばれるようにという願いが込められています。

 

ただし、おせち料理はお住いの地域によってばらつきがありますので、自分の住んでいる地域のおせち料理を調べてみてほかと比べてみるのも面白いかもしれませんね。

 

各料理の意味

 

重箱の意味は分かりましたが、当然その中に詰める料理一つ一つにも大切な意味が含まれています。

内容と縁担ぎをしっかりと理解して、新年への願いを込めながら食べましょう。

 

数の子

数の子とはニシンの卵のことをいいます。卵の数が多いため子孫繁栄や子宝を願う縁起物として食べられます。

また、二親(ニシン)健在という意味も込められ、おせち料理に欠かせないものの一つです。

 

黒豆

黒豆には魔除けの力があるとされています。黒豆を食べることにより、邪気を払い無病息災の願いが込められています。まめ(真面目)に働き、まめ(健康)に暮らせるようにとの語呂合わせの意味も含まれています。

 

田作り

その名の通り、田を作るという意味で、昔田植えの肥料として片口イワシが使われていたことが由来となっています。イワシの肥料を使った田んぼが豊作となったことから、別名ごまめ(五万米)とも呼ばれ、豊作祈願として欠かせない役割を担っています。

 

たたきごぼう

たたきごぼうには色々な意味が込められています。まず、ごぼうのように根を深く張ることで家族がその土地に安泰に暮らせるようにという願いが込められています。また、ごぼうの色やかたちが、豊作の象徴といえる黒い瑞鶏に似ていることから豊作祈願としても食べられています。さらには、ごぼうを叩いて開くことで開運の縁起担ぎとしても知られています。

 

紅白かまぼこ

紅白は縁起がいいとされています。そして蒲鉾は、半円形をしており日の出の象徴として元旦になくてはならない存在。紅白の紅は、魔除けの意味を持ち、城は清浄の意味を持っています。

 

伊達巻

伊達とは、華やかさを意味します。巻物は書物に似た形をしているため、学問や習い事の成就を願って食べられます。

 

栗きんとん

きんとんは金団と書き、縁起がよく金運を呼ぶものとされています。

 

海老

腰が曲がるまで長生きをして欲しいという長寿を願って正月飾りやおせち料理に用いられています。

 

よく言われる『めでタイ』の語呂合わせとして用いられています。

 

ぶり

ぶりは成長するにつれて名前が変わる出世魚。

出世を願って正月に食べられます。

 

昆布巻き

養老昆布を『よろこぶ』と読む語呂合わせから、不老長寿を祈って食べられます。

また、『子生』とも読み、子孫繁栄にも良いとされています。

 

 

このように、おせち料理にはたくさんの意味合いや願いが込められて作られています。

年の始めに未来への幸せを祈りながら、ご家族とともに食べてみて下さい。

 

おすすめの記事