おせち料理で重箱はなぜ使われるのでしょうか
そこには理に適った意味が込められています
昔の人から現代に受け継がれている重箱を使用する意味

また、重箱を使用する際の注意点
重箱がもしなければ他の器じゃ駄目なの?

おせち料理を楽しむためにもそのあたりを正しく理解しましょう。

 

おせち料理で使用する重箱の意味について

 

おせち料理が重箱に詰められて販売されるキッカケは
戦後の高度成長期にデパートの販売促進の戦略ですね。

それから形態は変わりつつも
通常は一の重、二の重、三の重、与の重。
四段重ねが一般的ではありますが
入りきらなかった料理とか別の料理は五の重に入れると言うのもあります。
五段重ねの重箱が正式であるとも言われています。

ただ三段重ねぐらいが馴染み深く流通していると思います。

おせち料理はめでたいし縁起が良い料理でもあります。
その重箱も縁起が良いものでなければなりません。

したがって四段目の「四」は縁起が悪い数字とされるので
「与」を使い、与の重となります。

そして今も昔も「おめでたいことが重なりますように」「福を重ねる」
などの縁起担ぎの意味も込められています

また物理的には重箱は重ねることでコンパクトになり冷蔵庫に収まりやすい
蓋もありキッチリ重なっているので衛生的にも良いという意味もあります。

 

重箱は一番上が一の重になります。

その一の重から順番に見ていきましょう。

一の重(一番上)には「祝い肴」「口取り」

*数の子(子孫繁栄)
*田作り(豊作祈願)
*黒豆 (豆に暮らせますように)
*昆布 (喜ぶことが多いように)

など、お祝いを意味した料理を詰めます。

 

二の重(上から二番目)には海の幸を使った焼き物を詰めます

*海老      (腰が曲がるまで長生きできますように)
*ぶりの照り焼き (出世魚ですから名を上げる、出世する)
*鯛の姿焼き   (語呂合わせですがめでたい。恵比寿さんも鯛を持っていますね)

など、おめでたいもの、長寿を祈願するものが多いです。

 

三の重(上から三番目)には山の幸を使った煮物(煮しめ)を詰めます

*昆布巻き  (よろこぶ)
*里芋煮   (子宝を願う)
*蓮根    (将来、見通せますように)
*芽出しくわい(芽が出ますように)
*牛蒡    (根を張って生活が安定しますように)
*椎茸    (傘が開いたもの(陣笠に見立てて)元気でいられますように)
*手綱こんやく(心を引き締める意味。良縁がありますように)
*梅花人参  (梅の花は実を結ぶことから、良縁がありますように)

など、山の幸を使い家内安全であるとか良縁を祈願したものです。

与の重(上から四番目)には酢の物、和え物を詰めます

*紅白なます (紅白でめでたく、根菜のように粘り強く)
*菊花かぶ  (不老長寿、菊は邪気を祓うとされている)
*たたきごぼう(地中に根を張り家の基礎が丈夫でありますように)

など、冬の食材が多く栄養価も高く箸休めになります。
もちろん健康祈願などの意味も深いです。

五の重(上から五番目)は控えの重です

入りきらなかったものを入れても良いし別の好みの料理を入れても良いです。
予備の場所と考えてもイイと思います。
ただ、全く何も入れずに空っぽにしておくのが習わしなんて人もいますね。
(その年の神様から授かった福を入れておく場所だそうです)

このようにおせち料理は食べるんだけど
適当に重箱に詰めて食べていたなんて人もいるかもね~

少しでも意味を知っておせち料理を楽しみましょう。

 

おせち料理を重箱に詰める前に衛生管理も大切

 

おせち料理に限らず行楽行事、運動会とかお花見とかでも
重箱に詰めることが多いですよね。

そんな重箱は家庭に1セットはあるのではないでしょうか
そしてその重箱に毎年おせち料理を詰めている人が多いと思います。

通販などで重箱に入ったものを購入した場合も
重箱はたいてい綺麗に洗って保管していると思います。

結構使い道はある重箱ですが毎日は使いませんよね~

そうなると各家庭で収納する場所は違いますが
綺麗に洗って乾かして箱とかポリ袋に入れて数カ月放置。

もしかしたら箱にもポリ袋にも入れずにそのまま。
そんな人も多いと思います。

そこまではさほど問題はないのですが
料理を詰めるとき、つまり重箱を使用する時に
洗剤で洗うとは思いますが洗ったらキッチリ乾かしてください。

あれば乾燥機がベストですね。
そしてアルコール消毒を必ずしてください。
※漆塗りなどの重箱は高温乾燥は駄目なものもあります。

重箱の場合、料理を作って詰めてすぐに食べるケースはまずないですね。
つまり数時間後とか翌日に食べると言うことです。

一年中食中毒菌はいます。真冬でも危険です。
外は寒いけど部屋の中は暖かくしますし、
冬だから大丈夫だと思う気のゆるみです。

料理を作る段階で確実に熱処理して濃い目の味付けで
詰める段階でしっかりと冷やしていも
重箱の衛生管理が出来ていなければ危険ですね。

日々お弁当とか作られている人はよくわかっているとは思いますが
一年に数回だけ重箱を使用する時は特に細心の注意が必要です。


スポンサーリンク

 

おせち料理に使う重箱は他のものでも代用できる

 

重箱に料理を入れると豪華に見えるのは不思議ですが、
おせち料理に限らず何かと使い道がある重箱です。

重箱は天然木に漆を塗った高価なものがあります。

価格は5万円を超えるなんてのもざらにありますね。
ただね、天然木の漆塗りの重箱は管理が難しいですよ。

水洗いは大丈夫だけど長時間、水には浸けられない。
かといって乾燥し過ぎても駄目。

したがって冷蔵庫などの乾燥する場所には長時間入れられない。
熱すぎるのも駄目で洗浄機や乾燥機などには入れられない。

高価で見た目は美しいですが普段使いとしてはデメリットが多いです。

白木の重箱なんてのも人気があったりしますね。木目が自然っぽいものです。
これは湿気に弱くカビが生えやすいし、乾燥させておくことが重要になります。
つまり見た目はお洒落ですがメンテナンスに気を使わないといけないですね。

磁気で出来たものなどもありレンジ対応とかもあるようですが
おせち料理ですからね~
レンジは必要ないと思いますw

お勧めの重箱は合成樹脂でできたものがお手入れが簡単で
扱いやすいし価格がお手頃、安価です。
色も柄も豊富ですから数種類購入できるかもです。

サイズは家族構成で変わってきますが
あまり大きなものより気持ち小さくして四段とか5段を購入しておくと
必要に応じて段数を使い分ければ良いと言うことです。

丸いものを見かけたりしますが
使い捨てでその日に食べきるのならそれでも良いと思いますが
おせち料理など2日ほど冷蔵庫に入れたいときは不向きですね。
「角が立たず丸く収まる」って気持ちもわからないわけではないですが
四角い重箱の方が絶対冷蔵庫に収まりやすいです。

重箱にこだわってきましたが、
おせち料理を重箱以外のお皿とかに入れたら駄目!

そんなことは絶対ありません。

おせち料理を作ったらそれぞれタッパとかに入れておいて
食べる前に小鉢に少しずつ盛り付けて一人前ずつ分けてあげると
料亭とかにいった気分にもなれます。

プレート皿などに盛り付けても良いかも知れませんね。

おせち料理は必ず重箱に入れなければならないと言うことはなく
お皿でも重箱でも気持ちを込めて盛り付ける。

そこに意味がある気もします。

 

おせち料理と意味のある重箱。まとめ。

 

おせち料理を重箱に詰めるとき意味を理解していれば
皆で食べるときに「なんでだろう?」の疑問に応えながら
伝統や豆知識も身について楽しくなりますね。

それと衛生管理は重要な部分でもあります。

せっかくのおめでたい、楽しいお正月がおせち料理で
体調が悪くなったら洒落にならないです。
これは「重箱の隅をつつく」話ではありませんw
日々の生活でも重要な部分ですが
特に普段使いしない重箱などは気をつけましょう

そしておせち料理は作る側も食べる側も気持ちが大切です
願いを込めて作ったおせち料理を感謝していただく。
とても深い意味ですよね。

重箱、お皿の見た目もとても大切ですが
やはり中身に気持ちを込めることが意味あることだと思います。

おすすめの記事