おせちの盛り付けで重箱の一段目二段目三段目、それぞれに何を詰めるのが正式?
毎年正月に食べるおせち料理。重箱は仕切りに何を使い各段には詰めるべきものに決まりがあるの知ってますか?
この記事ではおせち料理の種類は焼き物や煮物を一段目二段目三段目どう詰めていくのがいいでしょうか?

 

スポンサーリンク

おせちの盛り付けで重箱の一段目二段目三段目に何を入れる?

おせち料理は基本的には重箱に詰められていますよね。

この重箱を利用する意味は

「めでたさが重なるように」

という意味があるんですよね。

でも重箱の各段に適当に詰め込めばいいというわけでもないんですね。

まず重箱は上から一の重、二の重、三の重、与の重、五の重と数えます。

しかし最近は三の重もしくは二の重が多いですね。

5段ともなるとさすがに高さもあるし最近ではそんなに詰める量もないですからね。

一般的に販売されている重箱も3段が多いので3段で考えておくといいですね。

 

一段目のお重の詰め方

一段目は正式には一の重。

おせち料理の一番上には「祝い肴」、「口取り」といった黒豆や栗きんとんなどが並びます。

ちなみに正式には一つの段に詰める料理の数は5,7,9といった奇数の品数を入れるのが正式です。

奇数は吉数と呼ばれ縁起もいいんですね。

一段目にならぶのは黒豆や栗きんとん、紅白かまぼこなどカラフルで甘いものが多く並びます。・黒豆

  • 栗きんとん
  • 叩きごぼう
  • 田作り
  • 紅白かまぼこ
  • 昆布巻き
  • 錦卵

これらの料理を並べるときには同じ色が隣に並べないようにすることが重要です。

簡単なのは縦横にマス上に区切って並べるのが簡単に見栄えが良くなります。

市松詰めといい、市松模様を模した詰め方になります。

他にも八方詰、桝形がありますが市松詰がバランスがとりやすくオシャレにみえますよ。

市松詰は縦横マス目上に区切って並べます。

この時重箱の正面がどちらになるかということを意識することが重要なんですよ。

紅白のかまぼこは向かって一番奥に右側を紅いかまぼこになるようにするのが正しい紅白の並びなんです。

田作りは魚で頭があるので頭を左側にして入れて行きましょう。

 

二段目のお重の詰め方

二段目の正式な名称は二の重。

酢の物や焼き物、なますや焼き魚、海老などのメインディッシュが並びます。

  • 鯛、鰤
  • 海老
  • 数の子
  • 紅白なます

鰤は魚なので頭があれば右側を頭にする必要がありますね。

でも普通は切り身なので皮を奥にすればOKです。

海老も魚と同じで左向きになるように入れることになります。

詰め方に関しては一段目と同じで縦横マス目上に区切って並べることになります。

 

三段目のお重の詰め方

三段目の正しい名称は三の重。

三の重には残った煮物を詰めます。

  • 筑前煮

筑前煮などの煮物を詰める場合の注意点。

それは汁気ですね。

筑前煮を作る時点で汁気を飛ばすか、詰める時によく切るようにしてくださいね。

ここで汁気が残っていると傷みが早く進むので注意してくださいね。

筑前煮は冷めても美味しいですが温めてもいいように器に入れてから重箱に入れるというのも手です。

 

 

おせちの盛り付けで重箱内のおしゃれな並べ方

上で説明したようにおせち料理は各段を奇数の料理で並べるのが正しい詰め方と説明しました。

ではその奇数の料理をどのように並べるのが見た目が美しいものになるのかを図で表しておきたいと思います。

9分割 >>市松詰

縦横にマス上に区切って並べる方法で一番簡単な並べ方ですね。

仕切り板の都合上一番やりやすい詰め方です。

マスは2つ、3つを1つにしてもいいですね。

一列全てかまぼこにしてしまうとかですね。

 

7分割 >>七宝

中央に一品。絵では〇にしてますがひし形にしてもOK。

そこから周囲に6分割してスペースを作り並べていく方法。

この形の仕切り板はなかなかないので仕切り無しでうまく並べる必要がありますね。

 

5分割 >>隅取り

外側の辺の中心を繋いだ内側のひし形を中心に四つ角に料理を並べていく詰め方。

市松詰の仕切りを45度廻した位置にするような感じでもいいですね。

この場合は狭い三角のスペースがありますがそこはあえて開けておくのがオシャレに見えます。

 

3分割 >>段取り

縦ではなく横に3段並べる感じですね。

かまぼこや昆布巻きなど量が多い料理を並べるときに便利ですね。

縦ではなく横に分けるのがいいですよ。(向きだけの話ですけど)

 


スポンサーリンク

おせちの盛り付けで仕切りはどうするの?

おせち料理を並べるときに仕切りを入れるとバランスがとりやすくなります。

仕切りを入れるとそこが直線として明確になるので見た目のバランスが良く見えるんです。

それに料理同士が接触しないので見た目にも美しいです。

黒豆と栗きんとん並べると栗きんとんが黒くなったりしますよね。

そんな感じで境目の色合いが悪くなることを防げます。

だから仕切り板を入れることはオススメです。

でも仕切り板で探してもなかなか売っていないんですよね。

一般的な重箱の大きさは3段のものでこんな感じです。

6.5寸(縦19.5cm×横19.5cm×高さ19.5cm)
>4~5人前

5寸(縦15cm×横15cm×高さ15cm)
>3~4人前

4寸(縦12cm×横12cm×高さ12cm)
>2~3人前

1寸は3センチメートルで

5.5寸=16.5cm

というサイズもあります。

仕切り板が最初からついている物もあります。

色も昔ながらの外側黒、内側赤というものから最近は電子レンジで使えるものや白一色のモダンなものも存在しますね

購入するなら扱いやすい正方形を購入するのがいいですね。

重箱が最初から仕切られているものもありますが仕切りのない物は別途購入することで対応することも可能です。

重箱のサイズを計ってから購入してくださいね。

よく和食の仕切りに使われる緑の葉っぱは「ハラン」というんです。

流石に本物の葉を使用することはないですが作り物のハランなら簡単に購入できますよ。

 

 

おせちの盛り付けで重箱の一段目二段目三段目に何を入れるのかまとめ

おせち料理はたくさん料理があるので詰めるのがなかなか大変ですよね。

適当に詰め込むとそれだけも見た目がガッカリな状態になってしまったり

おせち料理をキレイに詰めるコツは左右対称できっちり分割すること。

となりの料理が同じ色にならないように注意しましょ。

 

おすすめの記事